技術

福島工場、フィルタの欠陥の原因調査に失敗し

東京 – 日本の難破された福島原子力発電所の管理者が放射能汚染防止の核心である排気フィルタの欠陥の原因を二回も交換する必要があったが、その原因を調査するために疎かたことを認めました。

オペレータのTokyo Electric Power Company Holdingsの代表は、月曜日、日本の規制当局との会議で、福島第一発電所の定期的なレビュー中にこの事実を明らかにした。 2011年の大規模な地震と津波で発電所の3つの原子炉が溶けた。

フィルタは、汚染された水処理システム(先端の液体処理システムと呼ばれる)で粒子が空気中に抜けていくのを防止するように設計されており、このシステムは、水中で選択された放射性同位元素を法的限界以下に除去します。

半信彦原子力規制庁長は、会議で「この問題の核心は、東京電力の態度にある」と述べた。

TEPCOは隠蔽と発電所の問題公開遅延について繰り返し批判を受けてきました。 2月にはした原子炉の2つの地震計が、昨年から故障したまま残ってい強力な地震が発生したときに、データを収集していなかったと明らかにした。

紀元後

同社の関係者は先月、作業者が汚泥をユニットからコンテナに移し水処理を一時的に中断し、アラームが鳴った後に、水処理装置に接続され、25個のフィルタのうち24個が破損していることが判明したと述べた。 先週フィルターを交換した後の操作が部分的に再開されました。

東京電力は、2年前に、すべてのフィルタで同様の損傷を検出したが、問題の原因を調査したことがなく、フィルタを交換した後でも、予防措置を取らなかったと明らかにした。

別の規制委員であるSatoru Tanakaは会議で、電力会社が環境への可能な放射線漏れのリスクを最小限に抑えるため、問題に迅速に対応すべきだと言いました。

TEPCOの関係者は、ほこりモニターに外部への放射線漏れや水処理施設内の工場労働者に公開されたことはないと明らかにした。

TEPCOの解体部長であるAkira Onoは、電力会社が問題を早期に解決できない点を残念に思っていると言いました。 安全管理を強化することを約束した。

紀元後

日本の管理は、国際原子力機関(IAEA)と協力して放射能レベルが法的限界値以下に処理された難破された発電所の冷却水を海に放出する準備をしています。 2023年春に開始予定のこの議論の余地がある計画は福島の漁村だけでなく、地域住民と周辺諸国で激しく反対されています。

専門家は、原子力発電所を完全に解体するために数十年かかると予想されます。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することができません。

READ  日本、台湾危機、米中の競争の懸念大きくなって

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close