理科

科学ジャーナルは、数十年の間に子供が観察した白鳥観察の結果を発表しました。

多くの日本人は、夏の休暇中に宿題として植えられた朝顔の種の成長や日々の気温の変化のようなことを日記に記録するように要請を受けたとき、小学校時代の良い思い出を持っているでしょう。

ゲノムの編集、ナノテクノロジーなどの先端技術に比べて、物事をあるがままに観察することはトレンディな感じが不足に見えるが、それ自体で、本格的な科学的研究に対応します。

そして、いくつかの注目すべき学術誌に発表された科学記事にするまでです。

日本の青森県平内秒で小学生が55年に渡って行われた渡り鳥の到来を監視していた場合も同様であった。

八戸工科大学の生態学教授田中義行(Yoshiyuki Tanaka)は、自分が協力した研究論文を審査する科学者からのメールを受信した後、途方もない励ましを受けました。 審査員は、子供白鳥観察記録の価値を絶賛した。

平内の海岸は、白鳥の移住地で有名で、1952年、中央政府が」と港の白鳥と移住地」のカテゴリに「特別天然記念物」に指定しました。

近くにある朝処小学校に通う生徒は1956年から、そこから白鳥の記録を残す開始しました。

彼らは秋に到着した時から3月と6月の間に最後の鳥が去る日までほぼ毎日、朝に1回、若い鳥を区別して白鳥の数を数えた。

2000年代鳥インフルエンザが広がったときにも、学生は継続して双眼鏡と望遠鏡を使用して記録を残しました。 2010年小学校が閉鎖されるまで、合計2,000人の学生が監視に参加した。

10年後、地域の保護団体は、その活動を記念するためにパンフレットを出版することを決定し、その結果、その資料が科学記事に含まれました。

田中は膨大な量の記録が保管されているという事実を知ることになった、その記録が残り、世界が見ることができるよう、英語の科学誌に掲載されるのに十分価値があると思いました。

この記事の最初の原稿は、使用可能なデータの抜粋部分だけ取り上げたが記録の価値を絶賛した審判は、すべてのものを出版することを要求しました。

保護グループのメンバーは、手書きの記録をパーソナルコンピュータに入力する作業を手伝った。

この論文は、2月に科学誌であるData in Briefに掲載された。

謝辞に「この貴重なデータは、監視に参加したすべての小学生と教師の継続的な努力がなければ、生産されることがなかったでしょう。」との記事は言います。

READ  メガネで新型コロナ感染を抑制! ? 中国のコホート研究:yomiDr./詠ドクター(読売新聞)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close