理科

科学者たちは不気味な「人魚ミイラ」の謎を解くために努力しています。


研究チームが岡山県エンジュイン社員に保管されている約300年前の人魚ミイラを科学的に分析し始めた。 (小沢くにお)

岡山県倉敷 – 寺院に保管された「人魚のミイラ」は、何百年もの間崇拝の対象であり、悪夢の対象であり、謎の源でした。

今、上半身は人で、下半身は魚であるミイラを科学的に分析するプロジェクトが初めて始まりました。

ここ、倉敷理科大学やその他の機関の研究者は、秋頃に結果を発表する予定です。

2月2日、浅草県エンジュイン寺院チーフ僧侶 クイダ・ゴゼン(60)は、大学動物病院CTスキャンシルにある桐箱から30センチメートルの長さの宝物標本を取り出した。

診察台の上に顔を当てて横になっているミラは、手を口に当てて悲鳴に浸っているように見えた。 爪や歯に加えて、ミラは頭に毛があり、下半身にスケールがあります。

1736年から1741年の間に「干し人魚」の同じ箱に入っているメモによると、その生物は土砂(現在の高知県)海岸で漁網にかかった。

明治時代(1868-1912)に切り替えた後、他の所有者に譲渡される前に、Bingo-Fukuyama地方の小島家族がミイラを購入しました。

1736年から1741年の間にネットにかかったミイラというメモもボックスに保管されていました。 (小沢くにお)

エンジュイン寺院がどのようにミイラを得たのかもミステリーだ。

約40年前に大衆が見られるようにガラスケースに入れて展示しました。 しかし、現在は劣化を防ぐために耐火金庫に保管されているとKuidaは言った。

岡山民俗学会理事である木下宏(54)は、現佐藤쇼出身の自然史学者佐藤清明(1905-1998)が残した資料を読んで、ミイラ写真を見てプロジェクトを思い出しました。

Satoは、「妖怪」グール、ホプゴブリン、その他の日本の民俗学の超自然的な生物についての日本初の百科事典を書いたと信じられています。

KinoshitaはEnjuinに人魚のミイラがあることを知った後、寺院と大学の管理を呼び、調査を行ったと述べた。

人魚ミラは和歌山県高野山と鹿児島県奄美大島でも崇拝の対象として使われたことが分かった。

キノシタによると、そのうちの1つはサルの上半身とサーモンの下半身を持っています。

エンジュイン社員標本の上体形態分析は、大学古生物学専攻教授の加藤隆文(54)氏が担当している。 神話の中の生き物についての彼の最初の研究になります。

彼はよく保存されたミイラの防腐処理を調査しようとしています。

魚類学専門副教授は下半身に集中しており、分子生物学専門副教授はDNA分析を進めている。

キノシタは民俗学の観点から遺物を分析しています。

エンジュインと大学の仲介者の役割をした倉敷自然史博物館がプロジェクトを支援している。

クイダは人魚ミイラを疫病を倒す力があると信じられる民俗モンスターであるアマビエに例えます。

司教は「少しだけでもコロナ19ファンデミックを緩和するのに役立つことを願って礼拝を差し上げる」と話した。 「研究プロジェクトが将来の世代のために(科学的)記録を残すことを願っています。」

READ  NASAのミッションは、サンプルを地球に返す前に小惑星Bennuによって拡大されます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close