エンターテインメント

窪田正孝、キングコング西野と芦田愛菜の前に「ゴミです」 – シネマ:日刊スポーツ

キャラクターをイメージした衣装で登場した映画「煙突の都市のプロペール」の左から芦田マナ、窪田正孝原作・脚本の西野亮広(撮影丹羽敏通)

窪田正孝(32)が26日、都内の秋葉原UDXシアターで行われたアニメ映画「映画煙突都市のプロペール」(広田祐介監督、12月25日公開)ハロウィンスペシャルイベントに登壇して、最初の声で「ゴミです」と取材陣を笑わせた。

「映画煙突都市のプロペール」は、16年に発売され、累計発行部数50万部を記録した、お笑いコンビ、キングコング西野亮広(40)原作の絵本でニシノイ映画の総製作指揮脚本も担当。 久保田はハロウィーンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プロペルウル引き受けた。 常に厚い煙に覆われて空を見上げることを忘れて “煙突都市」を舞台にプロペルウン芦田愛菜(16)が演じる星を信じる少年ルビトとは一線を「星を探す旅」に出てくる話。

久保田収録内容「一日が、いろいろなことを感じさせてくれました」と感慨深げに振り返った。 プロペールの声を演じ前ニシノグァ会話を持っている」ウィンドウながら見てみましょうと与えられた。作成し解釈も違うと思った。俳優自身ができることは何だろうかと、現実を考え、最初の祖父のような音になり、そこから焦点を合わせた後半はマナちゃんと一緒に録音した。ますます、プロペル形が形成された」とし、芦田との共演が役割の研究に大きかったと述べた。 西野は西野と芦田との共演を「めおと落語だった」と評した。

久保田は芦田とアフレコブースで初めて直面した。 芦田が「先に少年の声で聞いてどのような音か不安だった。久保田さんと演技させていただき感情移入場合ルトワくる場面もあり苦労なんて感じなかった」と感謝する思わず苦笑。 「二人は、なかなかいないですよね。はじめましてで…どうしようかと。ポンコツだからなかなか話ができず」と謝罪した。 芦田が「いいえ親切に…」と感謝すると久保田は笑顔を浮かべた。

READ  映画「TENETテネット「字幕科学監修山崎時氏インタビュー、作品を楽しむことができるポイントは? - GIGAZINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close