エンターテインメント

窪田正孝、芦田愛菜のコメント力に脱帽西野亮廣は久保田を大絶賛「ごみ人間! 「| ORICON NEWS

俳優窪田正孝女優芦田愛菜コメディコンビキングコング西野亮廣が25日、都内で開かれたアニメーション映画「煙突の都市のプロペール」の公開初日舞台あいさつに出席した。 それぞれそれぞれを絶賛した。

[사진]その他の写真

同作は、常に厚い煙に覆われて空を見上げることを忘れて “煙突都市」を舞台に星を信じる少年ルビトとは一線をハロウィーンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プロペールが「星を探す旅」に出てくる話。大ヒットした絵本では描かれなかった、煙突都市「本当の話」を映画で描かゴミから生まれたゴミ人間プロペール駅に窪田正孝、星を信じ続け少年ルービッチ役を芦田愛菜が務める。

久保田は「完成を見て、このようになっていた、と。西野さんに、「あれどうなっていますか? 」と話を聞いて、それだけでときめく。何度も見ることができる作品だ本当に思いました。マナちゃんがあまりにも素晴らしい頭が上がらない」と作品愛を語った。

すると芦田は「私の祖父母や他の人にも「見に行くよ」としている。本当に嬉しい。映画の中でプロペルグァルービッチ友情というか、その二人の関係が素晴らしい私そのような友人を大切にしたくて、友達にそんな自分でありたいと思っていた。友人にもいろいろ考えさせられた」と切実に口に、久保田煙プロペールにも「お気に入りのシーンが多い。一緒に演技することにしてくださったおかげでルービッチの心に入れた」と感謝。 久保田は「言っていることはすべてが完璧ではありませんか…そういう意味でも、身動きしない」うめいていた。

西野は、「コロナ災害で「煙突の都市のプロペール」とどうしても重ね見ることができる。その中でルビトとは一線をプロペールの声にソンソン嘘もあって、メッセージを受信しない。二人は根がルビトとは一線をプロペール。芦田さんはルービッチであり、久保田氏はゴミ人間である」と力説。久保田は「はい。 私はゴミです」と返すと、西野は「他のことです(笑)。 非常に純粋な方なので」と必死に弁解した。

そんな久保田の声の演技について西野は、「久保田さんのアドリブを大幅に入れていただくと思います。 ゴミ人間にカメラがいないところで声を入れてくださる。 これは本当に面白くて…久保田さんにとても救われます。 面白いところもありますが、それは私のじゃないですか」と裏話を披露した。

舞台挨拶には、小池栄子大平祥生JO1)、広田裕介監督も参加した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


READ  オリンピックは、日本のLGBTQ活動家たちに希望を与えました。 しかし、古い偏見は死ぬ。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close