エンターテインメント

竜王戦:囲碁・将棋:ニュース:読売新聞オンライン

豊島正幸竜王(30)に羽生善治球団(50)が挑戦する第33期竜王戦七番勝負第4局が26,27の両日、鹿児島県指宿市の「指宿急流館」で開かれる。 羽生球団の体調不良により、当初福島市に予定されていた大国が延期されたため、本国このシリーズの第4局になる。 七回勝負はここまでトシ竜王の2勝1敗。 豊島竜王が3勝目を挙げ防御将軍をかけたり、羽生球団が2勝2敗のタイキャンセルしたり、注目の一戦の情報を随時更新しています。

関連記事
[보는 장수가 간다]データが示す「天王山の版 “
[보는 장수가 간다]「持っている」観戦記者は22歳
「前の集中」心理戦、▲5歳シルバー真相…竜王戦・仁和寺大国
「長期の日」企画…藤井聡太2管の詰将棋に挑戦! <문제 편>

二対局者の差込みは「動くギボシ」で

タイムライン

11月26日

 午後0時半豊島竜王が41手目を考慮中のランチタイムに入る。 昼食は豊島竜王が「寿司」羽生球団が「黒豚カツカレー “

 検討室で(3)38手目。 羽生球団が△1誤報と端歩掘り戦いが始まる。 「局面を走る意思を感じる手クイックな動きだが、これが成立するかどうか」の新聞解説を務める飯塚7段。 ▲同クロス、△2誤報行われた後、豊島竜王は飛車をどこ逃げるか。 3六、5六なら△4五角1六なら△2あなたの父のような展開が考えられる。

「ここまでは羽生球団がこのように指そうとした臓器を指す感じ。豊島竜王はそれを正面から堂々と受け過ぎている。自信の表現と言えるかもしれ “

昼食の時間が近づいている。

 午前10時最初のおやつの時間。 豊島竜王は定跡の「フルーツ盛り合わせ。 「羽生九段は新和堂の「空ジン “指宿産そらまめを使用した餡を生地に挟んだ少し小さくどら焼きです。

 検討室で(2)24手目の△7二銀羽生九段は王戦リーグで手を変えた。 新聞解説を務める飯塚結城7段は「金の連携も良く、バランスを重視した」としながら「王戦リーグでも採用した22手目△2四歩は、△8八角性、▲同は、△3歳桂林から△2誤報のような手を狙っており、かなり積極的。咽頭ながら今回も前にいくには羽生さんの気持ちが現れている」

 検討室で(1)11月20日に双方が相手にした王前候補決定リーグのような横ばいキャッチ展開された。 中間段階では少し異なりますが、18手目△4二銀までの王の試合で対戦のような形で。 このときの選手だった豊島竜王が咽頭回羽生球団を下げているが、どちらが先に手を変えるか。

 午前9時立会人の藤井猛球団のスローガン大国開始。 選手のトシ竜王は▲2六歩、咽頭羽生九段は8はい歩。 互いに飛車先歩を上げた。

 午前8時47分羽生球団が来場。 程なく豊島竜王が対局室に。 今までの4局。 両者はほぼ同じ時間に同じ順序で対局室に入っている。

11月25日

 午後7時両対局者が参加して関係者の飲み会が開始します。 新型コロナウイルス感染拡大防止のための前夜祭の規模を縮小して防疫体制をとったで開催された。

 午後9時25分羽生球団が指宿名物「砂むし温泉」へ。 翌日対戦に向けて鋭気を養う。 「砂むし温泉」愛というオオバン解説役の佐々木容器7段同行した。

 午後5時大国場所である指宿白水館の検視を実施する。 羽生球団は2017年の第30期竜王戦で零細称号7タイトル全部称号を獲得する「零細七冠」を史上初めて達成した思い出の地でもある。

検死後二対局者は、それぞれプレス各社のインタビューで、大国の姿勢を語った。

 

 豊島竜王

– これまでの戦いぶりを振り返って

「2局目は残念な結果になってしまいましたが、全体的にはまずまずかなと」

– 指宿白水館の印象は?

「広い所で素敵な場所で対局することができますので、楽しみであり、それに合った臓器を指したいと思います」

– 本国への姿勢を

「ターン勝負で4局目は、とても重要であるので。ただ、結果にこだわるあまりにも良くないので、自分だけの臓器を指したい」

– 第4局目が延期されました。

「大国を期待してくださった方もたくさんあったと思うので、物足りなさもあったが、仕方ないのかと受け福島の方々のためにできることをしていました。また、その後、重要な大国もあったので、そのために自分ができることができることをしようと思いました」

– (煙が決定された場合)羽生球団とメール交換をしたとか。

「羽生球団から丁寧な手紙をいただきました。自分もそれに報いますた」

– 指宿の子供による歓迎の感想を

「本当に多くの子供たちが集まってくれて、あんな歓迎を受けるのはタイトルでもなかなかないので、いぶし方の温かさを感じました」

 羽生球団

– 地域の子供たちの歓迎会をどのように感じますか?

「小さな子供から高校生まで幅広い年齢層に歓迎していただき、嬉しかったですね」

– 今回は、指宿での対局は3回目です。

「第三の大国であるため、位置についてよく知っている場所ということで、自然大国に専念かなと思っています」

– コンディションの方は?

「退院もして、その後いくつかの放送局も指すが、通常の状態に戻らだと思います」

– タイトル通算100回をかけた戦いが、姿勢を。

「七回勝負自体は一つの損失記録しており、厳しい状況にあるが、一版な板、片手片手丁寧に言いに行こうかと思います」

– 福島大国が延期されたが、煙の心境は

「今までに数々のタイトルの戦いをしてき初めて演技する形になってしまって、多くの方々にご迷惑をおかけして申し訳ありませんなかったと思います。関係者の皆様には日がないところで迅速に対応していただき、ありがとうございました。福島の皆さんにはいつか何とか恩返しできたらと思います」

 午後2時20分指宿市今和泉小学校に立ち寄り、地元の保育園児、小学生、高校生による歓迎行事に参加する。 豊島正幸竜王は、児童・生徒の前で「指宿市を盛り上げていけるように、この地で、全国の長期のファンが楽しむような臓器を指したい」とあいさつした。 羽生善治九段は「皆さんも、この大国をきっかけに期に関心を持ってもらえたらうれしい」と語った。

イベント後に行われたインタビューで、羽生球団は心配されたコンディションについて「完全に回復して、明日の大国も正常に臨むだろう」と述べた。

 午後0時30分羽生善治球団が鹿児島空港に到着し、空港から歓迎行事が開かれた。 羽生九段は鎧武者の花束を受けて立会人の藤井猛球団と一緒に記念撮影。 ロビーには、「ゆくさオナザイもした(ようこそ)」と鹿児島弁歓迎垂れ幕もかかってファンたちは “ハード”の声援も飛んだ。

READ  日本経済が急騰がCovid-19織機

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close