筑波大学、マレーシアに日本初の海外大学キャンパスを開設

Estimated read time 0 min read

筑波大学は9月、クアラルンプールに学際講座を提供するキャンパスを開設する予定だ。 これは日本大学初めて学位を授与する海外分院を設立したものだ。

新しい学科「学問間科学・デザイン学校」は、マレーシアと周辺国の学生を対象としており、学生に東南アジア諸国に影響を及ぼすグローバル問題を解決するのに役立つ技術を備えることを目指すと筑波大学が言いました。

長田京介筑波大学総長が2024年1月25日茨城県筑波で記者会見をしている。 (刑務所)

茨城県筑橋北東に位置する大学によると、新学科の入学定員は40人に限られ、大学では英語と日本語で進行される授業に約40人の教授陣を派遣する計画だそうです。 東京。

新しい学科では、統計学、環境学、人文社会科学などの科目を開設し、日本語授業を必須科目とする予定だと大学は明らかにした。 4年制教育課程を履修した人は人文学の学士号を取得します。

新しいキャンパスの計画は、マレーシア政府が日本政府に、環境、健康、福祉に関連するグローバルな問題を解決するための人材養成のための学術機関の設立に役立つかどうかを尋ねた後に出たものだと大学によると。

2018年首脳会談で安倍晋三当時、日本首相に要請したマハティル・モハマド当時、マレーシア首相は執権初任期から戦後日本を発展の手段として活用するという「東方政策」を出したことが分かった。 モデル。

新しいキャンパスの開校準備を総括する大学事務所長の杉村真樹氏は、「私たちは日本式教育を海外に拡大する努力を主導することを希望する」と述べた。


関連プレス:

大阪ユニバーサルスタジオ、年末まで外国人採用2倍に増やす計画

日本語学校の新しい国家標準が4月から始まります

より多くの外国人学生が日本政府奨学金を受けることができるようになりました。


READ  日本、米国に2-0で引き分け、初の五輪野球金メダル獲得
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours