技術

米国、日本、欧州連合(EU)、権威主義の怪我の中でインターネット開放を推進

米国、日本、欧州連合(EU)は、木曜日、ロシアや中国などの国で見られる「デジタル権威主義」に対する懸念の中で、開放的で自由なインターネットを促進するための宣言を承認しました。

米国政府によると、G7先進国、オーストラリア、台湾、ウクライナを含む世界中の約60のパートナーがデジタルツールを使用して表現の自由を抑圧し、他の人間の権利と基本的な自由。

宣言文は、「我々は、接続性、民主主義、平和、法律、持続可能な開発、人権と基本的自由の享受を促進するデジタル技術の可能性への信頼で団結した」と明らかにした。

スクリーンショットは、2022年4月28日に公開された無料インターネットを促進するための宣言のオンラインサポートを示しています。 (刑務所)

宣言の発表を記念したオンラインイベントで、日本の総務賞金子康は、このイニシアチブに対する強力な支持を表明し、自由で開放されたインターネットを向上させる努力を保護するための「重要な約束」として歓迎しました。

一連の原則を提示しながら、宣言文は、国家が政府が課したインターネット閉鎖および合法的なインターネットコンテンツおよびサービスへのアクセス遮断を控えるとともに、個人の個人情報を保護し、「信頼できる」ネットワークインフラおよびサービスサプライヤーとして考えるものを発展させなければならないと明らかにしました。

人権の促進と安価なインターネットアクセスを含む原則は、法的拘束力がありません。

宣言には、挑戦を提起する権威主義政権の名前は特に明記されていないが、ジョーバイデン米大統領政権の上級管理は、過去数ヶ月がロシアのウクライナ侵攻に関連するデジタル権威主義の「極端な例」を提供したと述べた。

ロシアは、国内外で虚偽の情報を積極的に助長し、インターネットのニュースソースを検閲し、合法的なサイトを遮断・閉鎖するなどの措置を取ったと管理が語った。

ホワイトハウスが主催したオンラインイベントにも参加したミハイロ・ペドロフ・ウクライナデジタルイノベーション長官は、衛星イメージのような技術がウクライナ副次で民間人を残酷に殺害し、ロシアが犯した潜在的な戦争犯罪を明らかにするのに役立ったと話した。 責任を否定した。

Fedorovは、「真実はロシアにとって唯一の効率的な武器です。

バイデン政権はまた、中国が「危険な新しいインターネット政策モデル」の指導者の一人だと言って中国に警戒した。

人権団体であるフリーダムハウス(Freedom House)の2021年の報告書は、中国のインターネットユーザーに対する条件を「深刻な抑圧」と呼び、中国が7年連続で世界最悪のインターネット自由侵害国であることを確認しました。

報告書によると、中国当局は、中国武漢で最初に発見されたコロナ19ファンデミックの起源に対する独立した調査要請と、世界的に拡散する前に中国産ワクチンに対する批判を検閲した。

バイデン政権の管理によると、米国は同じ考えを持つ多くの国がこれらの動きを支持することを期待しています。

世界最大の民主主義国家であり、伝統的にロシアとの緊密な関係で知られているインドは、宣言文の発表に参加した国ではないと述べた。

READ  Microsoftは11分開始サウンドリミックスで、大規模なWindowsイベントを準備します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close