米国と日本、国賓訪問中の科学技術協力の深化

Estimated read time 1 min read

宇宙、核融合エネルギー、AI、量子技術、半導体などが議論された。

米国と日本は先週、岸田文夫日本首相のホワイトハウス訪問で科学技術を含む様々な懸案に対する新たな協力計画を発表した。 イニシアチブは 共同声明 岸田とジョーバイデン大統領と同行 実際のシート。

そのうち各国は協定を締結した。 月探査契約 これにより、日本は 加圧式月探査車 アメリカは、将来のアルテミスミッションで日本の宇宙飛行士のために2桁を予約することを約束し、そのうちの1つは、潜在的に月に着陸するアメリカ人ではなく最初の人になるでしょう。 国はまた協定に署名した。 パートナーシップ契約 補完的な研究プログラム、施設開発、規制基準を通じて核融合エネルギーの商用化を加速することを目指しています。

パートナーシップは、バイデン政権の最近の研究だけでなく、既存の研究と交流プログラムに基づいて構築されます。 戦略 融合分野の新しいパートナーシップを促進するため。 両国はまた、民間向けの高濃縮ウランの使用を減らす約束を再確認し、HEUが採用されたというニュースを歓迎しました。 正常に削除されました 日本材料試験原子炉重要アセンブリで。

AI、量子科学、半導体も主な議論のテーマであり、量子技術標準化とサプライチェーンに対する調整計画、半導体に対する共有R&Dロードマップと人材開発プログラム、AIの責任ある開発のための共有標準などが発表されました。 。 日本と米国も協定に署名した。 了解覚書 グローバルイノベーションについては、起業家間の絆を深め、技術投資の機会を拡大するために努力しています。

このニュースブリーフィングはもともとFYI'sに掲載されました。 4月15日週間のお知らせです。

READ  隕石がなくても恐竜が絶滅する舞台が用意された。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours