米国と日本が1億1千万ドル規模のAI研究パートナーシップを締結

Estimated read time 1 min read

ワシントン大学と筑波大学、カーネギーメロン大学と慶應義塾大学のパートナーシップは次のとおりです。 発表 去る4月9日岸田首相のワシントンDC国賓訪問中。

ジナ・ライモンド(Gina Raimondo)米商務長官は、「今日の発表は才能あるグローバル人材を開発し、両国の経済安全保障を強化するために日米科学技術協力を発展させるというバイデン大統領と岸田首相の意志を基にとするだろう」と話した。

カーネギーメロンと慶應義塾大学 協力関係 マルチモードおよび多言語学習、ロボット用AI、ライフサイエンス、科学的発見のためのAIに焦点を当てます。

カーネギーの本拠地であるペンシルベニア州ジョシュ・シャピロ(Josh Shapiro)知事は、「AIはすでに私たちの経済のすべての分野に影響を与えており、政府の指導者たちは急速に変化する技術市場に倫理的かつ責任を持って適応するためにAIの革新に頼っています。しなければなりません。」と言いました。

ワシントン大学と筑波大学のパートナーシップは、科学技術ハブの大学の位置を活用し、AI研究と人材開発との連携に重点を置いています。

AI企業NVIDIAとAmazonは、ArmとSoftbank Group、Microsoft、9社の日本企業で構成されるコンソーシアムの資金調達とともに、協力にそれぞれ2,500万ドルを投資しています。

昨年、米国と日本はIBM、Google、Micronから2億1000万ドルの資金を受け、量子コンピューティングおよび半導体エンジニアリングの分野で一連の大学 – 企業パートナーシップを締結しました。

バイデン大統領と岸田首相も今月、米国と日本の高校生と大学生のための新しい1,100万ドル交換プログラムを発表しました。

それだけ Mineta 代謝プログラムは両国関係強化に大きな進展を遂げた日本系アメリカ人初の米議会議員の名にちなんで命名されました。

「人的交流は、日米関係の将来のスチュワードを発展させる最も効果的な方法です。

「人的交流は、日米関係の将来のスチュワードを発展させる最も効果的な方法です。」

「我々は、関係の未来を「指導」する米国と日本の高校生と大学生のために学生の移動性を増やすという約束を発表します。」と指導者たちは書いた。 共同声明

疎外された地域社会に焦点を当てたMAPは、Apple、BlackRock財団およびToshizo Watanabe財団の後援を受けます。

バイデンと岸田は「日米専門家の多様なパイプラインを構築する必要性」を強調し、フルブライト日本(Fulbright Japan)、マンスフィールド・フェローシップ(Mansfield Fellowship)、日本交流及び教育プログラムなど既存の交換プログラムに基づいて構築しなければならないする。

IIE Open Doorsによると、2022/23年にアメリカで勉強する日本人学生は16,054人で、前年より19%増加しました。 データ

2021/22年には678人がいました。 アメリカの学生 日本留学、前年度124人より増加

昨年、岸田首相は30年にわたって行われた日本の国際化政策に再び活力を吹き込み、2033年までに日本国内の留学生数を40万人に増やし、50万人の日本人学生を海外に派遣するという野心的な新しい目標を発表しました。

READ  NASAは宇宙船を打ち上げて小惑星を「パンチ」し、将来の影響を防ぎます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours