経済

米国と日本は、強力なIBM量子コンピュータで、中国に対抗

TOKYO – IBMが日本初の商用アプリケーションのための量子コンピュータを公開したと火曜日の日本支部が明らかにした。 米国と日本が手を握って、中国の最近の進展を注視しながら、この分野を実用化するために協力していると明らかにした。

IBM Quantum System Oneは、東京の近くのKawasaki Business Incubation Centerで稼動中です。 東京大学は、慶應義塾大学とトヨタを含む両者の革新の取り組みコンソーシアムが使用マシンへのアクセスを管理します。

このプロジェクトは、技術の優位性を置いて、中国との戦いに巻き込まれた熾烈な競争分野で日米協力の一歩を踏み出しました。 量子コンピューティングは、菅義偉首相とジョー・バイデン米大統領が4月の首脳会談で議論した協力分野の一つであった。

ハギオダ浩一日本科学技術賞は、オンラインブリーフィングで「国が莫大な投資をして、大規模な研究開発に着手しており、国と企業間の将来の覇権競争が急速に深刻化している」と述べた。

彼は「日本とアメリカをリンチピンで三国際協力と協力を拡大することが重要である」と述べた。

このシステムは、先月、ドイツで公開されて以来、IBMが米国外で構築した第二のシステムである。

中国科学技術大学をはじめとする中国の機関が、この分野の首位に浮上IBM、Googleなどの米国の技術大物が握っている優位性を脅かしている。 日本とアメリカでは、IBMのシステムを使用して実用的な面で優位を占めることを目指しています。

3〜5年以内に、いくつかの商用アプリケーションに量子コンピューティングを利用することができるものと予想され、企業は、それぞれの分野でこの技術を活用するために競争しています。

Mitsubishi Chemicalは、これを発光ダイオードと太陽電池、半導体回路を形成するために使用される感光性材料であるフォトレジスト用JSRと液晶ディスプレイ材料の開発にこの技術を使用しようとします。

日本以外の地域では、フォルクスワーゲン、ボッシュ、シーメンスなど10個、ドイツの企業がコンソーシアムを構成し、両者の技術の実用化を助けた。 Goldman Sachsは、この技術をすぐに金融分野に適用しようとするアメリカの機関の一つです。

日本の養子コンソーシアムの議長である佐藤康弘みずほフィナンシャルグループ会長は火曜日「日本経済が世界で適切な位置を維持し、持続可能な成長と発展を実現するためには、技術の進歩で、遅れてはいけない」と述べた。

量子コンピュータは、2040年までに最大8,500億ドルの価値を創出することができるものとBoston Consulting Groupは推定しており、この巨大な市場の将来を活用するための戦いはすでに始まっています。

READ  ルンバと部ラバーでソファの周りなどピンポイントの掃除も。 「史上最大」の機能強化 - 家電Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close