経済

米国の航空会社は高く飛びウイルスドラッグは、日本の航空会社を低く保つ

TOKYO – 火曜日Japan Airlinesが報告された大規模な損失は、米国航空会社が急速に反発し、日本とヨーロッパの航空会社が継続して赤字を吸いながら、業界の偏向回復を大きく安堵しました。

それらの様々な特性はDelta Air LinesとAmerican Airlinesのような会社に伝染病後の環境で明確な優位性を提供して、一時的な不整合を継続的リードに切り替えることができるようにします。

日本航空は火曜日4〜6月期に579億円(5億2900万ドル)の純損失を記録したと発表した。 強固な貨物事業とコスト削減で、1年前より赤字が減ったが、乗客数はまだファンデミクによる打撃から回復していません。

JALの最高財務責任者である菊川山秀樹(Hideki Kikuyama)は、「需要の回復を予測するのは難しい」と述べた。

JALは、5月の国際交通量がファンデミク以前のレベルの40%に回復している国内旅行がこの基準の80%に達すると、中核事業が収益性を回復することができると述べた。 しかし、6月現在、この数値は、それぞれ約30%と7%に過ぎません。

All Nippon Airwaysの親会社であるANA Holdingsの回復の見通しは少し良く見えます。 同社は、前四半期に511億円の損失を記録しました。

欧州の航空会社も同様に困難な状況に直面しています。 British Airwaysの親会社であるInternational Airlines Groupは、伝染病の永続的な影響を引用して四半期に9億8100万ユーロ(11億6,000万ドル)の税引き後の損失を報告した。

デルタ航空は、国内旅行需要好調による業績回復に応じて、容量の投資を進めている。 ©ロイター

一方、ワクチン接種が本格化した米国の主要キャリアは反発し始めた。 United Airlines、Delta、American Airlinesなどの3大航空会社は前四半期に2億3,700万ドルの純利益を報告した。 後者の2つは、2020年第1四半期以来初めて黒字を出し、この期間中にUnitedの損失は、伝染病の期間中最も少なかった。

これらの改善は、主に国内旅行によって駆動された。 国際航空運送協会(International Air Transport Association)によると、6月の国内旅客輸送量は、米国の2019年6月レベルの85%、日本の32%に達した。 短距離国境を越える飛行が一般的な欧州の国際交通量は2年前の31%に過ぎなかった。

国内旅行はまた、米国市場では比較的大きな割合を占めており、デルタとアメリカン航空は2019年に国内のフライトで乗客の収入の約70%を稼い応じました。 ANAとJALの似たような伝染病発生前のシェアは約半分でした。

IATAは、業界が現金の流出を止め、2022年またはそれ以降に倒産し始めると予想されます。 全世界的に、より伝染性の強いコロナウイルスの亜種の拡散により、国が入国制限を維持する必要があるため、国境を越える旅行ははるかにゆっくりと回復するとみられ、これは、国内的な米国の航空会社が、当分の間リードを維持することを示唆します。

これらの航空会社は航空機を追加し、サービスを拡大することにより、反発を利用しており、潜在的にコロナウイルス以来、産業再編の先を行くことができる場所にあります。

エドバスティアン(Ed Bastian)デルタの最高経営責任者(CEO)は「景気回復が本格化し、業界をリードする事業を支援するために投資をしている」と述べた。

READ  日本経済のために新鮮な解釈の最初の記事で、日本に拠点を置く有名なエコノミストスター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close