トップニュース

経済学者は、日本の回復はまだ遠いと言います。

最近、日本銀行(Bank of Japan)の調査によると、大型非製造企業の企業信頼度が2年ぶりに最高水準に達しました。 しかし、専門家は経済が回復するまでには時間がかかると見ており、今年末までにコロナ19以前の成長率に戻るという政府の希望を崩す。

四半期ごとに、日本の銀行関係者は、製造業と非製造業部門の企業に、ビジネスの現状についてどのように考えるかを尋ねます。 最近のタンカンアンケートは、いくつかの有望な結果を示しました。

2019年12月以来、ホテル、レストラン、アミューズメントパーク、その他の大規模な非製造業者は、流行が始まる直前に、これまで以上に楽観的であることを示しました。

大型メーカーも全体的に肯定的だが、以前の調査では感情が改善されていない。 このセクターの自信を押しつける一つの要因は、需要の増加、地政学的緊張、気候変動の解決努力の結果として、エネルギーと材料のための頑固で高い価格です。 もう一つはサプライチェーンの崩壊です。 そしてもう一つは、中国とヨーロッパの潜在的な鈍化による輸出の脅威です。

アンケート調査の全体的な結果は刺激的ですが、経済学者はこれらのアンケートに注意を払うべきです。 彼らはアンケートが大部分のオミクロンコロナウイルス変異体が出現する前に実施され、今後数ヶ月以内に楽観論を和らげることができることに注目しています。

さらに、彼らは日本のGDPが2021年第4四半期にファンデミック以前のレベルに戻るという年初の予測を完全に拒否しています。 そうするには、経済が10月と12月。 最近の合意は、成長率が6.5%に近いということです。 経済学者たちは、2022年第2四半期が日本が2019年と同じ数値に回復する最も早い時期になると予想しています。

岸田文夫首相は、子どもがいる家族と苦労している企業に対する現金支給を含め、4,900億ドルの景気浮揚策で経済を支援することを目指しています。 また、より弾力的なサプライチェーンを構築するための計画の一環として、国内半導体部門に資金を割り当てます。

パッケージは包括的なように見えますが、消費者を説得するのに十分ではないかもしれません。 電気料金とガソリン価格が上昇し続けています。 醤油、マヨネーズ、牛肉などの基礎食品の価格も上がる。

インフレは2022年に一時的に2%に達する可能性があります。 イギリスやアメリカなどの国に住んでいる人にはあまり聞こえないかもしれません。 英国や米国ではインフレが今年5%を超えたが、慢性的に低価格の引き上げに慣れた日本の消費者には衝撃で迫るだろう。

Kishidaは、会社が人々の準備に役立つように最善を尽くすことができると言います。 彼は、政府が分配と成長の好循環と呼ぶことを保証しながら、来年の春に賃金を3%以上引き上げたいと考えています。

すでに経済回復が来るという初期の兆候があります。 半導体不足が緩和され始め、自動車輸出が回復している。 今、政府と企業がこれらの改善に基づいて消費者に外出と支出に自信を与えることが課題です。

コロナウイルスアップデート
READ  日本、ブースターショットを素早く処理し、島防衛を強化 - PM Kishida

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close