世界

結果を出すリーダーは「はい」で終わる単語を使用していないぼんやりした人は誰も従わ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

主要な上司と非主要経営陣は何が違うの。 経営コンサルタント宮イトケ氏は「一流の具体的な数字をもとに考えている。一方、アン指導者は「安い高い」「多くの少ない」という漠然とした意味の「はい」で終わる形容詞を多くする傾向がある」は、 – 。

※本稿は、宮イトケ “することができ社長は「これは “しかない成長の会社を作る」リーダーの条件」「(PHP研究所)の一部を再編集したものです。

写真= iStock.com /岡田

※写真はイメージです

話に具体性がない場合、何も伝わらない、変わらない

ないリーダーは、漠然としたものしか言いません。 たとえば、営業成績が良くない負荷があったとします。 「もう少しがんばれ」「はい、分かりました」これは無意味な交換の典型である。 「ちょっと」は何をどのようどのように努力すればいいのか全く分かりません。

ぼんやりとしたものしか言わない上司も上司であれば、「分かりました」と答え負荷も負荷です。 ただ明らかになったチャックが桁をしのごうとしているだけです。 顧客訪問数を増やすか、それとも訪問を減らしてもいいから、提案力を上げるのか。 具体ある話をしていなければ、何も変化させることができません。

私は多くの場合、重要であると述べている “お客様第一”と “一歩踏み込む」も同様です。 その言葉に反論する人はいないので、具体化しなければ」と考え停止語」になってしまいます。

形容詞を使用せずに数字で考え

会議に出ていれば、「もう少し価格が安ければ売れるのに」という言葉が出てくるが、このような発言が出る私はいつも求められます。

「ちょっと加えることは、具体的には、どのくらいですか?今後数円安ければ売れるのですか?」

このように、「少し」とあいまいな言葉をする癖がついてしまうと、具体的な解決策落とし込めなくなってしまいます。 これが「今後数円」と明らかに数字である場合は、そのためには、どこをどのように削る工夫をすればいいのかということを考えることができるのです。 つまり、数字で考え癖をつけると話は具体的に進んでいます。

このように、競合他社との比較を、どちらが「安い高い」「多くの少ない “”遅い速い」という形容詞だけで言うのも危険です。 これだけでは具体的な比較されていないからです。

いくら高いか、どのくらいどのように高速のかというところをきちんと調査して数字で表現しなければどのように行けばいいかは、具体的な対応策は考えてみましょうがありません。

普段数字で表現することを意識していない人は、正確な行動することができない人です。 だから具体的に何を考えて、特に数字のものを考えて数に落として話をする習慣づけは経営者にとって非常に重要です。 もちろん負荷もそうするでしょう。 会議であいまいな言葉出る」、具体的に?」と必ず聞いてみる。

READ  UAEのメディアが今になって、イスラエルとの国交正常化を礼賛し始めた理由| 川上泰徳| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close