繁栄するインドと日本のビジネスパートナーシップインド

Estimated read time 1 min read

貿易関係が変化する世界では、インドと日本の間のビジネス同盟は、長寿、安定性、そして共有された野心を証明します。 2つのアジア諸国間のますます深い関係は、持続可能な成長、技術中心の戦略的協力、資本集約型産業への投資という共通の目標に基づいて構築されています。

パートナーシップは、補完的な経済的ニーズと機会に基づいて発展します。 インドは極めて緩和的な金融政策と歴史的な国内デフレに支えられ、日本企業が利回り中心の成長を追求する理想的な目的地です。 最も急成長している経済の1つであるインドは、日本の投資の関心に合わせて、技術からインフラまで、さまざまな分野で機会を提供しています。 インド政府は、進歩的な政策と計画を通じて、日本の外国人投資を歓迎する環境を奨励してきました。 地政学的緊張が高まり、投資先の世界的な再評価により、日本企業は投資ポートフォリオを多様化し、インドを好むようになりました。

フラディップラトナム
フラディップラトナム
シニアパートナー
コツァール&カンパニー

2000年から2023年9月まで、インドに対する日本の外国人直接投資(FDI)は408億4千万ドルでした。 2023年にのみこの数値は17億9千万ドルに達し、日本はインドで5番目に大きな投資家になりました。 投資は、自動車、電気機器、通信、化学、金融、医薬品など、さまざまな分野にまたがっています。

再生可能エネルギー(RE)は協力のための重要な分野です。 環境目標を追求しながら、インドは現在、約185GWの容量から大幅に増加した500GWの非化石燃料発電容量を達成することを目指しています。

電力調達価格が下がるにつれて、REプロジェクトの魅力は、安価な長期資金調達の可用性に依存します。 インド国立投資インフラ基金(National Investment and Infrastructure Fund Limited)と日本国際協力銀行(JBA)の合弁投資会社であるインド・日本ファンドはこの意志を象徴し、クリーンエネルギープロジェクトだけでなくINR490億(米ドル6億ドル)を投資する予定だ。 それだけでなく、環境保全、廃棄物、水管理に関連する分野でも同様です。 日本の投資家が注目しているのは、インド政府の構造改革です。 これには、電力調達のタイムリーな支払能力を強化し、財政的に困難を経験する配電会社を支援することが含まれる。 会計、報告、請求プロセスを合理化します。 電力購入契約(PPA)に従って、政府の支払いに対する主権保証などの代替保護メカニズムを導入します。 土地の取得を簡素化し、規制リスクをより迅速に解決します。 公共PPAには、規制や税金の変更による予期しないコストの増加に対処する強力で投資家にやさしい契約条項が含まれています。 これらの条項は、関税引き上げを通じてコストの増加が最終消費者に転換されることを可能にする。

ニシャント・アロラニシャント・アロラ
ニシャント・アロラ
パートナー
コツァール&カンパニー

投資家は、インドの連邦的性質を考慮すると、センターと州政府の複数の承認が必要であることを懸念しました。 この問題を解決するために、インド政府はプロセスを合理化し、投資の障害を減らすために、2023年の電気(二次修正)規則や国家単一の窓口システムなどの改革を導入しました。

もう一つのコラボレーション分野はスタートアップだ。 インドのスタートアップエコシステムへの日本の投資は、そのセグメントが財政的成熟度を達成するときに行われます。 国内のスタートアップエコシステムに対する政府の支援は、世界中の投資家の関心を集めました。 省庁および政府部門は、さまざまな分野のスタートアップに財政、インフラ、規制支援を提供する計画を導入しました。 これらの要因は、インドのスタートアップ経済への新しいグローバル投資を引き付けました。 鈴木、トヨタ、デンソなどの企業のスタートアップへの大規模な投資は、日本の投資戦略が長期ベンチャーから短期ベンチャーに移行していることを示しています。

ダイチチやタタドコモなど日本の投資家にとって有利なインドの最近の司法決定は、投資家の期待、特に予測可能性に合致するインドの決定をFDI規制を実証しています。 日本企業は、包括的なデューデリジェンス、現地の法律に準拠した構造化取引、戦略的出口オプション、定期点検、フォレンジック監査などの強力な投資メカニズムを採用することをお勧めします。 インドと日本のビジネスパートナーシップは、インドの成長に優しい改革と日本の戦略的投資多様化に支えられ、指数関数的な成長を達成する準備ができています。 これは、両方の経済的幸運に良い兆候です。

Pradeep RatnamはKochhar & Coのシニアパートナーであり、Nishant Aroraはパートナーです。

コッチャーアンココッチャーアンココツァール&カンパニー
ニューデリー(本社): コツァールアン(株)
スイート#1120 -21、11階、タワー – A、
DLFタワー、Jasola地区センター、
Jasola – 110 025, インド

インド事務所: ニューデリー、
バンガロール、ムンバイ、チェンナイ、
ハイデラバード、グルグラム、チャンディーガル

海外事務所: ドバイ,
シカゴ、トロント、シンガポール
連絡先:
電話:+91 11 4111 5222、
+91 11 4312 9300
Eメール: [email protected]
[email protected]

READ  ウクライナ、主要太平洋貿易協定加入申請予定
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours