美術品ではなく金融安全保障が日本の株式を史上最高値に引き上げるのに役立ちます

Estimated read time 1 min read
日経225はついにバブル時代の記録を再び上回りましたが、今回は多くの一般投資家が将来の心配にもっと包まれました。 写真:乃木和宏 / AFP
ソース:AFP

1990年代初め、日本の資産バブルが破局的に飛び出す前、証券仲介人の大塚龍太は夕方に東京の高級ナイトクラブでシャンパンを飲んだ後、タクシーを呼ぶために10,000円札を振ったことを覚えています。

約35年後、木曜日の日経225指数はついにバブル時代の記録を再び超えましたが、今回は多くの一般投資家が美術品やペントハウスへの貪欲よりも貯蓄や年金への懸念に集中しています。

1986年に大学を卒業して仲介会社に入社した現在、60歳の大塚(Otsuka)は「先輩同僚が私を素敵な食堂に連れて行った」と回想した。

彼はAFP通信に「タクシーを置いて戦いが繰り広げられた。1万円札を振らないとタクシーを捕まえられなかった」と話した。 その当時、紙幣の価値は約70ドルでした。 しかし、1980年代にはドルで今日よりもはるかに多くの金額を買うことができました。

また読んでください

日本日経指数、バブル時代記録更新

その混乱の時期には、東京の不動産価格がマンハッタンより数百倍高く、ゴルフクラブの会員費用が数百万ドルに達する日本が世界最大の経済になると考えていました。

日本の投資家は国際美術市場の主要な買い手になり、ある製紙メーカーの代表はゴッホとルノワールの作品を記録的な価格で購入した後、自分の火葬場で火をつけると脅した。

「欲で元気だ」

ブローカーと投資家は「貪欲で活気あふれる」と大塚は言った。

彼の会社の営業担当者の中には、「紙幣の束で包まれたカートンボックスに給料を家に持ち帰った」。

1988年1月7日、ドルに対する円の急激な上昇により、東京証券取引所の株価が急騰すると、フロアトレーダーが互いに押し寄せています。
1988年1月7日、ドルに比べて円の急激な上昇により東京証券取引所の株価が急騰すると、フロアトレーダーが互いに押し寄せています。 写真:本石川/AFP/ファイル
ソース:AFP

しかし、日本銀行が過熱した株式と不動産価値評価を鎮めるために金利を引き上げた後、状況は崩れました。

投資家はパニック状態に陥り、数十兆ドルの資産価値を失いました。

また読んでください

ドイツ経済「パーフェクトストーム」で打撃

日経指数は1年ぶりにほぼ半分に下落し、不動産価格も暴落し、多くの日本投資家は現在、自分が支払った金額の一部だけ価値のある不動産に対する借金を負うようになりました。

これにより日本は経済低迷、デフレ、国家負債急増という「失われた10年」を迎えることになりました。

一般日本人は株式に投資する代わりに物価が上がらず、ゼロに近い金利に満足し、銀行口座にお金を入れた。

インフレ

しかし、2年前のロシアのウクライナ侵攻後、ついに日本にインフレが発生し、人々の貯蓄購買力と将来の年金が浸食されました。

これにより、多くの人々が再び株に目を向けるようになりました。 最近、東京のあるカフェでアマチュア投資家が毎週集まり、ヒントと戦略を議論したのがその証拠です。

今回の会議の進行者である山口ふびと(43)は、AFPとのインタビューで「最近の株式投資に参加したほとんどの人は年金支給について心配している」と話した。

また読んでください

ウォールストリート損失でアジア証券市場が下落

日本銀行が過熱した株式と不動産評価を落ち着かせるために金利を引き上げた後、状況は崩壊しました。
日本銀行が過熱した株式と不動産価値評価を鎮めるために金利を引き上げた後、状況は崩壊しました。 写真:本石川/AFP/ファイル
ソース:AFP

元精神科社会福祉士は「20~40代は自分が受け取る年金額が本当に少ないと思う」と話した。

小規模クラブ会員は、「感情よりもデータの重要性など投資に必要な考え方」について議論すると、クラブ会員の和松末松(43)は伝えた。

彼女は株式に投資することが生活費の上昇を緩和するのに役立つと思います。

IT会社営業社員の末松氏は「食料費、電気代などすべてが上がっている。生活費が以前に比べて1.5倍も上がった」と話した。

市場の観察者は最近、日本の株式の上昇は部分的にはNISAとして知られている個々の株式投資家のための政府免税プログラムの導入によるものであると述べています。

医療機器メーカーに勤務する東岡裕太郎(36)氏は「株式に投資しなかったら(どんなことが起きたのか)考えるとひどい。投資収益を見ると安堵感がある」と話した。

また読んでください

中国経済が低迷し、金に対する若者の好みが高まった。

彼はAFPに「私の収入を銀行口座だけに貯めれば、私の資産価値が減少しただろう」と述べた。

水戸リサーチ&テクノロジーズの上級エコノミストである坂本坂本氏は、株価が上昇し続けると予想しているが、彼女は警告の声を出した。

坂本は「バブル時代の一つの教訓は、持っている者と持たない者との間の格差が大きくなることに注意を払うことだ」と述べました。

彼女は、「財政的資源を持つ人だけが株式やその他のリスク資産に投資できる」と述べた。

「従って賃金の引き上げを実現することは、経済的ギャップを緩和するために非常に重要です」。

ソース:AFP

READ  円が2週間最高値を記録し、日本銀行が金利を引き上げることもできる。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours