トップニュース

自民党ダッカ一、日本の「国防部大」掌握主張

ダッカ一早苗自民党院内議員は、日本が「国防軍」を保持することができるよう改憲を主張した。

高井値マガジンの一つだ10月号の記事で、9月29日に予定さ自民党の大統領選挙に出馬して、日本初の女性首相になるという意味を明らかにした。

ダッカ一早苗が2021年8月26日、東京自民党本部で記者団に演説している。 (教徒)

安倍晋三(安倍晋三)元首相と縁が深いことで知られるダッカ一(60)保守議員は、憲法に自衛隊の代わりに国防軍を明示しようと提案した。

前総務大臣は、自民党が2012年の「国防軍」の保持を要求した改憲案の草案を述べた。

憲法9条は、日本の参戦権を放棄する陸海空軍を維持しない規定している。

自衛隊の合憲性は、政治、司法、学界で長い間議論の距離であった。

Takaichiは、日本が中国の軍事力増強と領有権主張、北朝鮮の核とミサイルプログラムによく対処するため高度な防衛機器を調達して研究開発を促進し、国防支出を増やすことを提案しました。

ミサイル防衛に関連して、彼女は、日本が敵の基地を攻撃して機能を一時的に無効にすることができるようにする新しい法律を要求しました。

経済政策では、危機管理と成長投資に優先順位を置いて果敢な財政刺激策を推進すると約束しました。 このため、彼女は2025年会計年度までの基本樹脂を黒字に転換しようとする政府の目標を保留することを提案しました。

高井値また、これらの技術の誤用のセキュリティリスクに言及しながら、核心技術が中国など他の国に流出することを防止するための新たな法案を作るなどの措置を要求しました。

彼女は「経済安全保障を強化するために真剣かつ迅速に努力しなければならない」と述べた。

READ  日本で最も高いトーチ形の塔 - ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close