若いPPCバドミントン選手が日本でスポーツ交流ゲームに参加します。

1 min read

プエルトプリンセサのバドミントン選手2人が8月23日から29日まで日本東京で開かれる2023年アジアジュニア交換競技にフィリピン代表として出場します。

John Vincent Lanuza(14歳)とRalph Niño Dalojo(13歳)は、国内で権威あるバドミントントーナメントだけでなく、地域大会から全国大会まで、さまざまな大会で優れた実力を発揮して選抜されました。

CIO(City Information Office)のRichard Ligadシニアは、フィリピンバドミントン協会(PBAD)が国際レベルの基準を満たす優れたスポーツ能力と才能を認めたと述べた。

選手たちはまた、大会や大会の準備のための費用をカバーするための財政支援を求めています。 募金された資金の大部分は、日本旅行と数日間の滞在に割り当てられます。

Ligadは、地方政府も市の2人の代表を支援したと述べた。 彼らが大会で受賞する可能性のある賞に加えて、彼らの参加はプエルトプリンセサと国全体の成功と見なされます。

バドミントンチームはRoaquine Mari Ramos、Christel Rei Fuentespina、Angelica Marie Racca、Gweneth June Chivaが同行する予定です。

Randolph BalatbatとKevin Alfred Dalisayがバドミントンチームのコーチ役を演じます。

READ  日本の投資スターが東芝取締役会の紛争に巻き込まれた方法
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours