スポーツ

菅首相「世界が安全オリンピック開催している “

東京 – 日本が安全なオリンピックを開催することができるということを世界が見る必要があると日本の首相が火曜日東京オリンピックを控え、スポーツ関係者に言いました。

地域の緊急事態と一般大衆の広範な反対の中、数万人の選手、役員、競技スタッフ、メディアが日本に到着しています。

ソフトボールと女子サッカーのイベントは、コロナウイルス感染症で、すでに1年延期されたオリンピック公式開幕式を二日前の水曜日に開始されます。

菅義偉(Suga Yoshihide)日本の首相は、東京の5つ星ホテルで開かれたプライベート会議で、国際オリンピック委員会(IOC)委員に「世界は大きな困難に直面している」とし「五輪開催を成功に導くことができている」と付け加えた。

シュガーは通訳を介して「このような事実を、日本で世界に知らせなければならない」と述べた。 「日本国民の健康と安全を守ります。」

紀元後

彼は日本がファンデミクを通じてオリンピックへの道を “時には後退した」と認めました。

シュガーは “しかし、ワクチン接種が開始され、長いトンネルを通って今の出口が見える」と言った。

室は月曜日、日本の人口1億2600万人のうち21%以上が予防接種を受けたと述べた。

日本の医療専門家は、8月8日に終わる試合にあまりにも多くの外国の訪問者を許可するかについて疑問を提起しました。 イベントには、国内外のファンがないことです。 パラリンピックは8月末につながります。

IOC委員長であるThomas Bachはオリンピック専用大会に参加するワクチンメーカーを高く評価し、「本当に必要不可欠な貢献」についてファイザーBioNTechを挙げました。

バッハは、今回の提携により、「オリンピック村の住民の85%と、ここにあるIOC委員100%がコロナ19予防接種を受けているか、免疫になった」と話した。

101人のIOC委員のうち、約85人が2020年1月以来の最初の対面会議のための会議室にいました。 3月にバッハ再選、遠隔的に開催された。

紀元後

IOCは、予防接種を受けていない委員が外出を控えるように頼まれたかどうかについてコメントを拒否しました。 会議に陥ったメンバー1人、韓国のリュスンミン、 コロナ19陽性判定を受けた 土曜日の飛行機に乗って到着した後、

バッハは2週間前、日本に到着した後の日曜日にシュガーと一緒国歓迎パーティーを含む、日本を訪問した時の半分オリンピックのスローガンを叫びました。

IOC委員長は火曜日主催国を賞賛し、「全世界の数十億人の人々がオリンピックを見て鑑賞する」と言いました。

バッハは、今回の大会が平和、連帯、回復力のメッセージを送信すると主張し、「彼らは日本国民が達成したことについて尊敬する」と述べた。

バッハは「IOCは選手を決してあきらめていないので、「オリンピックキャンセルは決して選択肢がないと述べた。

ゲームを準備することはまた、全世界の放送局から30億ドル以上の収益を確保することです。 これは206の国代表チームとオリンピックスポーツ管理機関と数億ドルを共有するスイスを拠点とIOCに資金を支援するのに役立ちます。

紀元後

バッハはIOCが東京オリンピックとパラリンピック主催の17億ドルを寄付していると言いました。

___

より多くのAPオリンピック:https://apnews.com/hub/Olympicsとhttps://twitter.com/AP_Sports

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することができません。

READ  日本最高の銀行MUFGが収益見通しを凌駕して信用コストが低くなることが予想

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close