エンターテインメント

行く前に知っておくべきこと

編集者注:コロナウイルス症例は世界中で流動的です。 保健当局者は、ワクチンを完全に接種するまで家に滞在することが伝染を防ぐ最善の方法であると警告します。 以下は、12月9日の場合に知っておくべきことに関する情報です。

計画中の場合 旅行する コロナ19ファンデミック期間中にイタリアを訪問するには、知っておくべきことと期待する必要があります。

基本

イタリア 現在ファンデミックによる緊急事態です。 国は第三次収容から離れていますが、症例数は継続的に監視されており、個々の地域はすでに一部の地域と同様にいつでも制限を取り戻すことができます。

最初の波の初期段階で大きな打撃を受けたこの国は、2020年に訪問者に最初に開かれました。 2021年には、入国は欧州連合の居住者と一部の非EU諸国に大きく制限されます。 、米国、カナダ、日本、イギリスが含まれます。 旅行者の予防接種の有無と最近のコロナ19完治の可否によって入国規定が異なります。

11月26日、イタリアはオミクロンコロナウイルスの亜種を発見した後、南アフリカと南アフリカの他の7カ国からの入国を禁止しました。

12月6日から、規則が強化され、予防接種を受けていない人々が日常的な活動を行うことが困難になりました。

イタリアで提供されるもの

これは、フィレンツェのような歴史的な芸術の都市、ヴェネツィアのようなワンタイム不思議、ローマのローマカトリック教会の席で有名なヨーロッパのビッグヒーターの一つです。

信じられないほどの食べ物、幻想的なワイン、無駄な電源、そして一連のビーチリゾートは常に需要があることを意味します。

行ける人

イタリアの国境は、2021年のほとんどの期間に訪問者に開放され、いくつかの制限があります。 入国規則は10月25日に更新され、12月15日まで有効です。

現在許可されている国 2つのリストに分けられます。

リストCはヨーロッパ向け:アンドラ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、クロアチア、デンマーク(フェロ諸島およびグリーンランドを含む)、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、ラトビア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル(アゾレス諸島とマデイラを含む)、チェコ、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス。

リストDは、次の国で構成されています。 オーストラリア、サウジアラビア、バーレーン、カナダ、チリ、UAE、日本、ヨルダン、コソボ、イスラエル、クウェート、ニュージーランド、カタール、ルワンダ、イギリス、韓国、シンガポール、アメリカ、ウルグアイ、ウクライナ、台湾、香港、マカオ。

残りの世界はリストEに分類されます。 この目的地では必須の旅行のみが許可されます。

11月26日、イタリアはオミクロンの亜種を発見した後、今後お知らせがあるまで南アフリカ共和国、レソト、ボツワナ、マラウイ、ジンバブエ、モザンビーク、ナミビア、エスワティーニなど南アフリカ8カ国の旅行を禁止しました。

制限は何ですか?

予防接種の状態に関係なく、すべての訪問者は以下を作成する必要があります。 自己宣言フォーム。 また、到着する場所に応じて、次の要件を満たす必要があります。

リストCの国から来た乗客(そしてその国で過去14日を過ごした乗客)は、乗客探しフォームとグリーンパスまたはそれに対応するものを提示しなければなりません(グリーンパスは、EU承認ワクチンを2週間以上接種したことを示しています。または過去72時間以内に音声判定を受けた場合)。 これを所持せずに入国する旅行者は、5日間の自立後に再検査を受けなければなりません。

リストD国から到着する旅行者は、予防接種証明書を提示する必要があります(上記の条件を含む)。 カナダ、日本、アメリカの旅行者は、予防接種証明書の代わりにコロナ19回復証明書を提示することができます。

また、リストDの国から到着する場合は、到着の72時間以内に行った音声テスト(PCRまたは抗原)を表示する必要があります。 イギリスから来る人は48時間に短縮されます。

正確な証拠を提示していない人は、5日間自己資格をしなければならず、隔離の開始と終了時に検査を受けなければならない。

リストE国では、必須の旅行のみが許可されています。 入国者は到着から72時間以内に行われた音声テストを提示しなければならず、その後10日間隔離され、隔離を解除するには音声テストを受けなければなりません。

どこに到着しても、6歳未満の子供は試験を受ける必要はありません。 また、予防接種を受けていない子供は、親が従う規則に従います。

コロナ19の状況は?

最初のヒットヨーロッパ諸国として、イタリアは多くのことを経験しました。 しかし、厳しい閉鎖によって状況が制御され、ヨーロッパの近隣諸国よりも長く2番目の波に立ち向かってしまいました。 しかし、3次波は、2021年の第1四半期に国がいくらか完全に閉鎖されたにもかかわらず大きな影響を与えました。

イタリアは3月8日に100,000人を超え、ヨーロッパで2番目に多くの死者を記録しましたしかし、夏が続き、その数はますます減少しています。 現在まで510万人を超える人々が感染しており、12月9日現在の死亡者数は134,287人です。 7月に感染率が急激に増加した後(3倍、再び2倍)8月には数値が安定していますが、彼らは現在再び上昇しています。 10月28日までの週には、26,481人の新しい感染者が発生し、これは全州の19,000人と比較されます。 9月中旬週間新規確定者は32,214人、11月16日まで52,666人、12月9日まで102,786人が報告された。 政府は状況を礼儀注視している。 、ケース数が増加するにつれて。

遅れた予防接種キャンペーンもついにスピードを上げました。 12歳以上であれば誰でも予約できますが、一部は数週間前に予約できます。 現在、人口の約80%がワクチン接種を完了しました。 18歳以上のすべての人は、2回目の接種から5ヶ月後に追加の接種を受けることができます。

アプリ 免疫 Bluetoothを使用して潜在的な感染症との接触を追跡します。 2021年夏に「グリーンパス」が導入され、12月6日から「スーパーグリーンパス」が導入されました(下記参照)。

訪問者が期待できるもの

イタリア地域は現在、感染率と入院率に応じて白(最も低い危険)から黄色、琥珀、赤(最も高い危険)にランク付けされています。 8月末からほぼすべての地域が白に指定されました。 黄色のシチリアは10月に白く戻った。 しかし、Friuli Venezia Giuliaは12月1日に黄色に変わり、12月6日にBolzano自治州が加わりました。 Venetoも黄色に変わる危険があるそうです。 これは、屋外でもマスクの義務が実施されていることを意味します。

4番目の波がスピードアップし始め、ミラノ、ボローニャ、パドヴァ、ベルガモなどの都市にも屋外マスクの義務が導入され、ヴェネツィアとローマでは最も混雑した通りに導入されました。 他の都市でも、休暇中に同様の計画を発表すると予想されます。 つまり、通りから外を歩くときも常にマスクを着用する必要があります。 ある議員によると、政府はすべての地域で屋外マスクの義務化を検討している。

イタリア全域で公共交通機関内または公共交通機関で常にマスクを着用する必要があります(現在の屋外マスクの義務は解除されています)。 公共交通機関を含む社会的距離制限が維持されます。 高速列車にのみアクセスする人は、グリーンパスを所持する必要があるため、社会的な距離を置く規則は適用されません(下記参照)。 現在、グリーンパスは機内で検査しますが、11月15日に署名された新しい法令によると、現在ローマ、ミラノ、フィレンツェなどの障壁がある駅は、乗客が搭乗する前に検査を行うと明示されています。 また、当局は、乗客がコロナ19症状を示すすべての列車を停止する権限を与えられます。

同じ家族の場合、2人だけがタクシーの後部座席に座ることができます。

地域間の旅行に関する以前の制限も解除されました。 少なくとも白と黄色の地域間の移動です。 オレンジまたは赤の地域に旅行または出発する場合は、必須の理由を証明する必要があります。

10月11日から社会的距離を緩和しました。 文化会場は現在100%収容可能です。 これには映画館、劇場、コンサート会場などがあります。 スポーツスタジアム収容能力は、屋内スタジアムでは35%から60%に、屋外スタジアムでは50%から75%に増加しました。 ナイトクラブの収容人数は、屋内で最大50%、屋外で75%に増加しました。 すべての参加者は「グリーンパス」を持っている必要があります(下記参照)。

ホワイトゾーンはほぼ正常に戻り、人口100,000人あたりのケースが50人未満の非常に低いリスクに対応しています。 これらの地域は制限から除外されますが、地域は独自のルールを取得できます。 今まで誰もそうしませんでした。

イエローゾーンでは、バーやレストランは終日営業できますが、屋外での消費時にのみ可能です。 屋内食事は6月1日から再開されました。 夕方11時の通行禁止(すべての地域が白に変わったため事実上廃止された)の間、食事をする人は家にいる必要があります。

黄色で店はまだ開いています。 人々は家に最大4人の大人と無制限の子供を招待できます。 セカンドホームへの旅行が許可され、スポーツが再開されました。 これで、外部から最大1,000人の観客を、内部から500人まで社会的距離を置くことができます。 博物館は再び開くことができますが、週末と祝日には少なくとも1日前にチケットを予約する必要があります。 外では、常にマスクを着用する必要があり、レストランのテーブルあたり最大収容人数は4人です。

オレンジゾーンでは、人々が家庭訪問をすることができるかどうかは、地方当局によって異なります。 2番目の家への旅行は許可されていますが、他の人と混ざりません。 レストランはテイクアウトのみ可能で、人々は自分の村内で自由に移動できますが、仕事や緊急の状況でなければ、その地域を離れることはできません。

レッドゾーン(危険度が最も高い)では、食料品店や薬局を除くすべての店が閉鎖されます。 人々は仕事、健康上の理由で、礼拝場所に行くか、一日に一度だけ運動をするために家を出ることができます。

8月6日から、博物館やギャラリー、エンターテイメント&スポーツ競技場、テーマパーク、スパなどの文化遺跡に入場し、室内で食事をするために「証明書ベルデ(certificazione verde)」またはグリーンパスが必要でした。

9月1日から国内線、地域間高速列車、海上輸送などに拡大した。 イタリア内のすべての従業員もグリーンパスを所持しなければなりません。

パスは、保有者が予防接種を受けたか、過去48時間以内に陰性判定を受けた、または過去6ヶ月以内にウイルスから回復したことを示します。

12月6日には「スーパーグリーンパス」が導入されました。 これはワクチン接種または以前の感染を介してのみ得ることができますが、陰性試験では得ることはできません。

READ  DCの桜はいつ絶頂でしょうか?

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close