世界

謎の連続殺人事件」ゾディアック事件」の暗号が51年間の向こう解読されるその全貌は? – GIGAZINE

動画



1968年〜1974年まで、米国カリフォルニア州では、少なくとも5人が殺害された未解決事件 “ゾディアックキラー「で、犯人が残した暗号である「340暗号 “51年以上解読されたと報道されています。

干支の「340パスワード」がSFクロニクルに送信されてから51年ぶりにコードの専門家によって割れしました-SFChronicle.com
https://www.sfchronicle.com/crime/article/Zodiac-340-cypher-cracked-by-code-expert-51-years-15794943.php

ゾディアック事件は1968年に、若い男女二人がサンフランシスコ近郊で射殺されたのを皮切りに、少なくとも5人が殺害され、2人が負傷した連続殺人事件です。 記事の作成時点でも捜査が進行中の未解決事件である星座の事件は犯人が謎の記号に記録された暗号文でメッセージを残すなどの奇妙な特徴で、2007年に公開された映画 “ゾディアック」をはじめとする様々な映画やドラマのモチーフとなった。

干支の事件の犯人と目される、通称「干支の「(英語でゾディアックの意)と呼ばれる人は、アメリカの日刊紙サンフランシスコ・クロニクルなどのメディアに複数のメールを送っており、そのうちの一つは、408個のシンボルで書かれたていたことから「408暗号」と呼ばています。

この408暗号文は、1969年に高校の教師であるドナルド・かどうか氏など夫妻によって解読されており、その内容は、「私は人を殺すことを好む。なぜなら森の中で野生動物を狩りより楽しいから」「私は死ぬ私は天国で生まれ変わっ私を殺した人は、私の奴隷になる」ということでした。

また、ゾディアック340個のシンボルで構成された「340暗号」も残していますが、これは408号暗号よりもはるかに複雑な内容だったため、FBIやパスワードの専門家などが解読に対処しながらも、これまで、その内容を知るました。


しかし、2020年12月5日、オーストラリアの数学者であるサムブレーキ氏など3人のアマチュア復号化チームが340暗号がついに解読されたと報道しました。

暗号の内容と解読までの経緯は、解読チームの一員であるデビッド・オランチャック氏がYouTubeに投稿して、動画を見ればよくわかります。

Let ‘s Crack Zodiac-Episode 5-The 340 Is Solved! – ユーチューブ

今回の340解読に成功したブレーキさんと……


ベルギーの倉庫管理でありながら、優れたプログラマでもあるがアル・ヴァンアイケアさん、そしてオランチャックさんの3人です。


三人は340解読するためにあり、専用の解読ソフトウェア “AZdecrypt“を開発し、無償公開しています。


今回のオランチャック氏などが340解読に使用したのもこのAZdecryptです。


いつものように、ブレーキさんと解読に従事していたオランチャック氏はAZdecryptが導出し、暗号解除の文章に目を検出します。 これAZdecryptが出力した65万個の解読の一つであり、一見すると意味不明なので、ほとんどの人なら無視してしまうところです。


しかし、よく見ると「HOPE YOU ARE(皆さんに希望)」「TRYING TO CATCH ME(私キャッチしている)」「OR THE GAS CHAMBER(またはガス室)」という意味のあるフレーズも混じっています。言葉の文字列を数年間見敵オランチャック氏などに、これは大きな前進であったとのこと。


パスワードを完全に解読するためにあり、ブレーキさんは340パスフレーズを3つの段落に分けました。


この3つの段落をブレーキ氏は次のような「記号とその下の行の2文字ずらしたシンボルの関係」というルールを適用させて分かるました。


ブレーキさんが使用したルールを、実際の数字を表す次のとおりです。


この規則に基づくソートされた最初の段落をAZdecryptに入力しても意味のある内容を得ることができません。 しかしAZdecryptは「HOPE YOU ARE」など、すでに意味が知っているフレーズを固定して残りの部分を解読することができる機能があります。この機能を利用して、さらに復号化を行うと……


「TV SHOW(TV番組)」などの意味を持った新たなフレーズが浮かんだきました。


このことが分かったオランチャック氏は思わず椅子から裏返してしまったこと。


なぜなら干支の一時TV番組に電話出演すると宣告したことがあったからです。


さらに、プログラムは、実際に犯人を名乗る人物から電話がかかってきて「ガス室に行きたくない」としました。 その後、340暗号で暗号化解除された「TV番組」や「ガス室」のようなフレーズが単なる偶然ではない可能性が非常に濃厚になり、その解読の手がかりとなった。


このようにオランチャック氏などが解読した340暗号の全文は次の通りである。 スペルミスなどがありますが、日本語に翻訳すると、「私をキャッチしている、あなたが楽しいくれることを願っている。しかし、TVに出てきたことは、私ではない。私の違いは、私がガス室を恐れていないという点である。なぜなら、それは私迅速にパラダイスに送ったからだ。私はすでに私のために働いて十分な奴隷を所有している。他の人は、パラダイスに到達しても何もない。だから、死を恐れている。しかし、私は恐れていない。なぜなら私は私の新しい人生を知っているているので、私の人生は、楽園での死に豊富になること」です。


オランチャック氏等による復号化を受けて、FBIはサンフランシスコ・クロニクルで「FBIはゾディアック事件のパスワードが民間人によって解読されたことを認識しています。その事件は、地元の法執行機関と協力して、現在の捜査が進められている “との声明を発表しました。

また、FBIサンフランシスコ事務所のスポークスマンであるキャメロンポラン氏は「干支の事件は北カリフォルニア全域のコミュニティを威嚇した。数十年、このたとえも、我々はこの残酷な犯罪被害者のための定義を追求していきます。捜査が現在進行中であり、また、被害者とその遺族への配慮のため、現在はもはやコメント保留」と述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  養生テープが定価の10倍に!? 再販ちゃんの "台風便乗商法」が失敗に終わった理由| Asagei Biz-アサクラフトビーズ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close