財界の大物は韓国と日本のためのEU式単一市場の構築を考慮している。

1 min read

大韓商工会議所会長兼SKチェ・テウォン会長(真ん中)が2024年5月23日、日本東京で開かれた日経フォーラムで新井武志サントリー会長(右)と共に演説している。 日韓両国の「パートナーシップを超えて」をテーマに。 (日経フォーラムライブストリームで続き)

「韓日経済協力はもはや選択ではなく必須」 – チェ・テウォンSKグループ会長

「韓日協力すればアジア未来の原動力になることができる」

日韓両国の一部のトップ企業家たちは今が両国経済協力が必要な時期だと説明し、そのための積極的な措置を求めています。

大韓商工会議所会長でもある崔会長はこの日午後、日本東京で開かれた日経フォーラムに出席し、新波日本代表と韓日「同伴者関係を超えて」をテーマに対話を交わした。 企業経営者協会(Association of Corporate Executives)は日本の重要なビジネスグループです。

チェ会長はこの日、韓日経済協力がなぜ必要なのか、どのような措置を先に取るべきかなどについて詳しく述べた。

チェ会長は「韓日協力が緊急だ」とし「韓日共に低成長罠に陥っており、両国への輸出の重要性にもかかわらず自由貿易モデルが困難を経験している」と話した。 環境に直結する深刻なエネルギー問題です。

チェ会長は「このまま行けば韓日両国とも国際的地位が下落し、経済的生存可能性まで懸念されるだろう」とし、現在両国が経験している低出産問題に言及した。

チェ会長は韓国と日本が欧州単一市場をモデルとした経済協力構造に進むべきだと主張した。 SK会長は「より大きな市場を構築し、協力を強化すれば相当な配当金を得ることができ、未来世代にも希望を与えることができる」と話した。

大韓商工会議所会長兼チェ・テウォンSKグループ会長(左)が2024年5月23日日本東京で開かれた日経フォーラムにサントリー新井武志会長(右)と共に参加している。  )韓日両国の「パートナーシップを超えて」をテーマに。  (日経フォーラムライブストリームで続き)

大韓商工会議所会長兼チェ・テウォンSKグループ会長(左)が2024年5月23日日本東京で開かれた日経フォーラムにサントリー新井武志会長(右)と共に参加している。 )韓日両国の「パートナーシップを超えて」をテーマに。 (日経フォーラムライブストリームで続き)

「別に、韓国と日本の市場は大きな経済圏を構成していません。 しかしこれを合わせると、これらの市場はGDPが6兆ドル以上に達し、約2億人の高所得者が含まれ、年間米ドル30,000ドルを稼ぐことになります。 これは将来の成長を生み出す可能性を持つだろう」とチェ会長は言った。

「私たちは私たち自身の経済的安全保障のために他の国が定める規則にいつまで従うのでしょうか。 韓国と日本は彼らだけの市場を作り、彼らだけのルールを作らなければならない」とチェ会長は促した。

チェ会長は「韓国が包括的で進歩的な環太平洋経済同伴者協定(CPTPP)に加入して日本と自由貿易協定(FTA)を妥結すれば、該当市場の構築に役立つだろうが、両段階ともすぐに実現可能ではないだろう」と見通した。 「これらの措置には両国間の合意だけでなく、立法部の批准も必要となるため、かなりの時間がかかります。 これを行うことは、両国間の信頼の基盤がなければ容易ではないだろう」と話した。

チェ会長はまた、両国が企業部門と民間部門の協力を通じて多くの進展を遂げることができると示唆した。 彼は両国がコスト削減のために液化天然ガス(LNG)を共同購入し、水素、アンモニアなどの清浄エネルギー供給の開発に協力しなければならないと述べた。

また、米国シリコンバレーの支配力を相殺するためのスタートアップインフラ構築、両国の高質な社会問題である高齢化問題を活用して新しい種類の「シルバー」事業を実験しようという両国協力提案も出した。

新波はチェ会長の具体的な提案に支持を表明した。

「私たちは自由貿易の困難を含め、チェ会長が言及した危機を活用してアジア経済圏を拡大しなければならない。 韓日両国が協力すればアジア経済発展を成し遂げることができる」と話した。

新米首相は韓日経済協力が韓国人と日本人の両方にとって利益になると強調した。

「韓国や日本ほど多くの若者が国境を越えるのが好きな国を見たことはありません。 私たちの社会も、高齢化、人口減少、エネルギー問題など、同様の課題に直面しています。 私たちがこれらの課題を解決するために一緒に努力すれば、両国の人々に非常に有益であろう」と述べた。

東京特派員キム・ソヨン記者

ご質問やご意見は下記の住所にお送りください。 [[email protected]]

READ  外出自粛、労働時間の短縮営業利根町追加3市町に土浦、つくばみらい継続:東京新聞TOKYO Web
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours