エンターテインメント

道猫ごはんのおかげで、日本のホームレスはペットと一緒に滞在することができます。

多く逃した蚊からインスピレーションを得たBob Houseは家を失った人々がペットを動物保護施設に送らずに育てることができます。

彼は世界を去ってから1年が過ぎた今、道猫ごはんはまだ多くの生活の中で肯定的な影響を及ぼしています。

多く逃したmoggyはBig Issueベンダーとバスカーを助けた。 ジェームズボーエン 中毒を克服しベストセラーの本とブロックバスター映画シリーズの主題歌れ、世界中の熱狂的なファンを獲得しました。

彼は一人の男と彼の猫の話だったが、何百万人もの人々が共感できました。 それはホームレスを含む大規模な問題についてスポットライトを照らし、そのような種類のトラウマを経験している人の認識を変えました。

猫愛で有名な日本のご飯は巨大でした。 JamesとBobはその映画A Street Cat Named Bobを促進するために、そこを旅行した信者たちに包囲されました。 BobがThe Big Issueの表紙に来るたびに、すぐにオリンピックになるホストの注文があふれたものです。

しかし、Bobは信じられないほどかわいかったので人気がありませんでした。 実際に彼はこの国で信じられないほどの遺産に影響を与えた。 東京で石川忍報道。

ナオミ*は、昨年5月に家を失ったときに、2匹のペットの猫同様のニーこれ東京の動物シェルターのケージに委ねざるを得ませんでした。

日本政府は、先月コロナウイルス緊急事態を発令して、不要な外出を制限し、多くのお店を閉鎖するように要求しました。 ホスピタリティ業界の労働者は、移住で最も大きな打撃を受けた人々のいずれかであり、ナオミも、それらのいずれかであった。

ナオミは「慈善団体に行くところなく助けを求めるしたとき1,000円(£6.50)しかありませんでした。」と言いました。

当時東京都は、緊急の状況で家を失った人々のためにホテルの部屋を提供しています。 ペットは許可されなかったが、そこに留まることがナオミに唯一の選択肢で見えました。

「動物シェルターを訪問して、週に一度だけの猫に会うことができました。」と彼女は言いました。 「私はそれらをケージから取り出したいのですが 仕方ありませんでした。」

それらを再度集めたのはBob Houseという避難所でした。

ニュース1466

道猫ごはんのおかげで主人と一緒に飼っているナオミの猫マチャン(左上)をはじめとするいくつかのペット。 写真:供給

Tsuyoshi InabaはBobの話に触発されました。 彼は助けを必要とする人々を支援する非営利団体で働きThe Big Issue Japan Foundationにも参加しています。

Inabaは「私はBobの死のニュースを聞いたか二日後にBob Houseを開くとTwitterで宣言しました。」と言いました。

「私は助けが必要な人をサポートするために、20年以上を過ごしたが、私はしたことは、Bobの貢献の近くにありません。」

稲葉は生活のために努力したことがない人が伝染病に家を失ったと説明した。 ここには、かつて動物を育てる余裕がある人が含まれます。 しかし、彼は東京にペットにやさしい公共の避難所がないと付け加えた。

市の職員は、彼が「施設優先」の実践と呼ぶことに基づいて、ホームレスを説明します。 これらの人々は、公的支援を要請すると、通常の共同宿泊施設に案内されます。

これらの施設の規則に従って毛皮ペアと一緒に暮らすことはほとんど疑問の余地がありません。

Inabaは「一部の人々は、ペットを「処分」したり、誰かに世話を要請します。

また、東京で安くてペットにやさしいマンションを見つけることは容易ではありません。 特に財政的に困難を経験する人にはなおさらです。

日本の主要住宅情報サイトのSUUMOによると、現在、東京とその周辺地域から約106万個の不動産を賃貸することができます。

それらの約20%がペットを許可しますが、月に55,000円(355ポンド)以下で記載された動物を検索すると、その数値はわずか1%に低下します。

これは、政府が受け取ることができる最大の住宅恩恵額を超えています。 ペットにやさしい宿泊施設には、より多くのデポジットが必要です。

これBob Houseのような取り組みが重要である理由です。 Bob Houseは、2つの独立した部屋に開始し、現在4つの部屋を提供しています。

去る7月にオープン以来、20〜49歳の5人の避難所を利用した。

ナオミを含む二人はすでに預金およびその他の初期住宅費用を支援する民間支援プログラムを使用してペットにやさしいアパートに引っ越しました。

ナオミは現在アルバイトをしながら、より安定した仕事を探しています。 ご飯ハウスがなければ、故郷である福岡に戻ったのです。

「私は私の未来への希望がなかった私は、残りの唯一の方法は、死ぬだろうと思ったが今、東京で猫と一緒に過ごすことについて肯定的です。」と彼女は言いました。 「Bob Houseに本当に感謝します。」

Bob Houseの未来の住民は、JamesとBobの話を学ぶことです。 道猫ごはんは似たような話の似たような状況にある人々に記憶されるものであり、今後数年の間に、それらに希望を与えることです。

READ  Spotify CEO、インタビューでApple Musicに挑戦しながら、収益性への道

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close