霧島が熱海富士を破って単独先頭で最後の日に進出

Estimated read time 1 min read

大関 霧島は、土曜日に九州グランド相撲大会の残りの2人の競技者間の戦いで、一般的な弱者熱海富士を破り、第2天皇船に手を差し伸べた。

モンゴルのグラプラとNo. 8 前ヶ島 静岡県出身の選手は、福岡国斎センターで2日目を始め、11-2で共同リーダーを獲得し、他のレスリング選手は9勝以上勝利したことがありません。

二人の最初の出会いで熱海富士は間違った出発をして、ついに確固たるオープニング衝突で事業を始めました。

どちらもベルトホールドを狙った中で強いインサイドグリップを確保した後、これを利用して21歳の熱海富士(11-3)を押し出したのは霧島(12-2)だった。

去る3月大阪で自身の最初の1部リーグタイトルを獲得した27歳の霧島は日曜日15日間のトーナメント最後の試合で仲間の大関高慶ショーと対戦することになります。 彼が敗れ、熱海富士が敗北すべきか? 関わけ 最後の日、琴乃若はトーナメントの勝者を決めるために同点選手権プレーオフでリーダーと再会する予定だ。

9月、東京で低い15位で戦ったAtamifujiは、チャンピオンシッププレイオフで大崎高池祠に敗れるまで11勝4敗で共同最高記録を立ててセンセーションを起こしました。

また14日目では、大関保正流(9-5)が腕を組んだ投げで5番緑富士(9-5)を制圧し、優れた技術を披露した。

積水大栄、小之内、若本原が全員勝利。 Daieisho(9-5)はTakakeisho(9-5)に対抗して前進を突破し、わらを制圧し、印象的な勝利を収めました。

金曜日のタイトル競争で脱落した琴乃若は6番湘南の海(7-7)を破って10-4に向上し、若本春(5-9)は4回にわたしを押し出して4連覇を更新した。 (6-8).

READ  日本のオリンピックアドバイザー、選手たちにCOVID-19ワクチンのオプションを促し| スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours