エンターテインメント

韓国ウェブトゥーン、韓流成功の追求

海外テレビ視聴者たちは韓国ドラマ「私たち皆は死んだ」、「梨泰院クラッツ」、「ドクターストック」などのドラマと恋に落ちただろう。 「ブレーン」というタイトルのウェブトゥーンやオンライン漫画が原作だという事実も知らないままだ。

韓国企業のクラッチは今、WebtoonがグローバルKカルチャー買収の次の大きな仕事になるように準備しています。

ウェブトゥーンは、Yahooと韓国のインターネットポータルの後、このニュースとWeb専用の漫画を公開し始めた新世紀初頭に始まりました。 それは毎日連載漫画を載せた印刷された新聞とほぼ同じ機能をするトラフィックを生成し、読者を維持する無料手段でした。

カンプールは2003年に初めてのウェブトゥーン「ラブストーリー」を作ったと広く知られています。 その後、7つのウェブトゥーンをスクリーンで脚色した彼はまだ強勢を維持しており、Disney+の今後のシリーズ「ムービング」のIPを担当しています。

デジタル原作が主をなすウェブトゥーンはスマートフォンの登場と縦スクロールの登場で飛躍的な発展を遂げた。 2004年に設立されたネイバーウェブトゥーンなどの企業は、新しいコンテンツを配信するプラットフォームとして運営され始めました。

2013年にブドウツリーを設立し、その後カカオページに改名したチャーリー・パクは「スマートフォンはこれを潜在的な収益を創出する事業にした」と話した。 「そしてこれを韓国で実行可能なビジネスとして確立した後、私たちは既存の漫画観客のおかげで肥沃な土地に見えた日本に目を向けました。」

韓国コンテンツ振興院(KOCCA)は、韓国市場が2020年の年売上10億ドルを突破したと推定している。 その後ファンデミック(世界的大流行)封鎖に拍車をかけてさらに成長した。 ネイバーだけでも、2021年のウェブトゥーン総商品取引量が9億ドルに達し、月間アクティブユーザーが8千万人以上だと報告しました。

韓国全体の人口を上回る数値という点を勘案すれば、輸出推進力がきちんと作用しているようだ。 KOCCAデータによると、2020年のウェブトゥーン輸出のほぼ3分の1を日本が占め、中国本土が23%を占めるという。 北米は16%、東アジアの他の地域、特にタイは23%を記録しました。

今日、この分野は韓国の技術リーダーであるネイバーウェブトゥーン(ネイバー)とカカオエンターテイメント(カカオ)とネイト(テルコSKグローバル)の派生物であるプラットフォームが主導しています。
プラットフォームは、コンテンツプロバイダー(基本的にミニパブリッシング会社)、投資家、個人制作者と協力し、マーケティングと収益化を担当します。 場合によっては、描画、テンプレート、およびシェーディングに役立つ技術ツールを提供します。 これは生産コストを最低レベルに保ち、利益マージンを健全に保つのに役立ちます。

しかし、市場は流動的で急速に変化し、さまざまなビジネスモデルを提供しています。 これは、定期購読からユーザーが次のエピソードを待つか、次のエピソードを先読みするために支払うことができるカカオが好む「待機または支払い」システム、および個々のエピソードの少額の支払いまで、さまざまです。

約2,200万人の月間アクティブユーザーと6,000万人以上の加入者を持つ2番目の層プラットフォームであるToomicsは、最近、米韓メディア投資家NPX Capitalの支社であるTerapin Studiosに1億6000万ドルで買収されました。 すでに英語、中国語、少数のヨーロッパ言語でウェブトゥーンを提供しているToomicsは、海外市場が巨大な可能性を持っており、より公平な競争の場を代表すると考えています。

NPXの創設者でありCEOのSamuel Hwangは、「これらは韓国の大衆文化にますます関心を持っている広大な未開拓の聴衆を提供し、より混雑した日本および韓国市場よりも顧客確保コストが低い」と述べた。

カカオの朴は、ウェブトゥーン市場がまだ成長段階にあり、これは短期的に企業M&Aを通じたよりも有機的拡大を示唆しているが、この部門はすでに企業活動の最も確実な例の一つを見ている。 2021年、ネイバーは「アフター」、「キッシングブース」などの映画をオンライン作家が担当したカナダベースのオンライン文学プラットフォームワットパッドを6億ドルで買収しました。 両社は現在、「今後100年文学」に焦点を当てた取引だと当時、Aaron Levitzが率いるWattpad Webtoon Studiosに統合されました。

すでに検証済みの視聴者と一緒に映画、シリーズ、ゲームを作成する能力は、Webtoon部門全体に反響を引き起こしています。 韓国のサードパーティー製作会社がトゥミックスの「黒騎士」をネットフリックスと共に脚色している​​。 「しかし、将来の制作では、Toomicsがパートナーになることを期待しています」とHwangは言います。

「私たちは漫画会社ではなく「ストーリー会社」と表現します。」とパク氏は言います。を聞きます。」

READ  岩田隆則が言う「TENETテネット」 - 映画ナタリー特集インタビュー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close