韓米日、北朝鮮核脅威の中で韓米日合同海上訓練を実施

Estimated read time 1 min read

米国、韓国、日本は、2022年に同様の訓練が行われた後、5年ぶりに日本上空で初のミサイルを発射した北朝鮮を怒らせる動きで朝鮮半島で合同海上訓練を始めました。

韓国国防省は、声明で、USS Nimitz航空母艦グループの罠を含む韓国済州島沖で2日間の対潜と救助訓練が月曜日に始まったと明らかにした。

国防部は「今回の対潜訓練は、増える北朝鮮の水中脅威と潜水艦発射弾道ミサイルに対する韓米日の対応能力を向上させるために設けられた」と明らかにした。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  日本の地すべり:熱海救助隊員80人が行方不明の懸念調査
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours