Top News

[구경꾼 미니 리뷰]すぐに情報が非対応大丈夫、Lian LiのARGB対応ファンを試み – PC Watch

ユニファン

 リアン李の「UNI FAN」はアドレサブルRGB(ARGB)のLEDを備えた12cm角のファンである。 価格はオープンプライスで、税別実売価格は1つのファンだけ2,700円前後、3つのパック+コントローラが8,800円前後となっている。 今回の3つのパック+コントローラのサンプルを入手することができたので、簡単に紹介したい。

ライトアップを目的としてARGB LEDを備えたファンは、すでに市場に多く存在するが、本製品は、ガイドレールとポゴピンを介して2つ以上のファンをケーブルなしで接続し、統合することができる点がユニークである。

最近の事例は、水冷ラジエーター対応のためのいくつかのファンを並べることが多いが、そのオケーブル配線を簡素化することができるだろう。 接続可能な最大数は、4つのですが、全体タワーケースでも4連を装着することができるのは珍しいので、十分といったところだろう。

何よりも製品でもファンのARGB LED制御とファン電源+ PWM速度制御ケーブルが別途2本出ていて、コントローラで先にもSATA電源などケーブル、USBによるコントロールのケーブルおよびオプションボードのARGB制御用ピンヘッダと接続するケーブルが出てくるので、そこまでケーブル削減効果はない。 最大の利点は、むしろネジ固定が少ないようなところかもしれない。

ARGBの制御は、前述したように、マザーボードのARGBピンヘッダに加えて、USBピンヘッダを介して実行することもでき、その設定は、専用のユーティリティ「L-CONNECT」で行う。 ARGBピンヘッダを提供していない古いマザーボードとARGBピンヘッダが既に他の機器で使用されているしでも使用できるのはいい。

3つのパックに含まれているコントローラは、4つのファンのグループを制御することができますので、最大16個のファンの制御が可能である。 また、L-CONNECTはRGB LEDの色だけでなく、ファンの回転数を設定することができるのも便利で、ファンヘッダが少ない場合や、PWM制御をサポートしていない場合に有効である。

L-CONNECTアプリ

効果に応じて、グループ全体で設定することができ

参考までに本機のARGB制御ピンは3本のピンが並べられたユニークなタイプで、そのままでは、マザーボードの一般的なARGBピンヘッダーに挿入することができない。 別に1つ購入しても制御など行うことができないので注意が必要である。

いざファンとしての性能であるが、本製品は、ARGBフレーム部に備えている関係で、一般的な12cm角ファンよりも口径が少し小さい感じ。 したがって、最大風量も58.54CFM多少消極的である。 回転数は最大1,900rpmになっており、さすが最大適当風の音と軸音加えたが、1,000rpm以下では気にならない。 したがって、CPUとラジエータファンに使用するよりも、いくつかの並べ低速で回してライトアップしながらケースの換気を行う目的で使用したい。

ケースに入れてみたところ。 他のRGB LEDを含むデバイスとよく合っている

READ  榮倉奈々、第二子妊娠を発表「心身ともに穏やかに過ごして...」夫は俳優の賀来賢人| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close