技術

[구경꾼 미니 리뷰]世界に1つのキーボードが合わせている」VARMILO」で往年の名機を再現してみた – PC Watch

自作キーボードブームの影

「自作」が大きなジャンルを形成しているPC業界だが、「自作キーボード」は、いくつかの特殊である。規格に合った部品を備えれば、ほぼはめ込むだけのコンピュータ本体とは異なり、別の層が下というか、基板から作られ、スイッチをはんだ付けがされると、急に障害が上がるのは事実だ。

しかしながら、自分の中にキーボードで理想がかなりある人はどうしても市販のものがかゆいところに手が届かない、または適していない感じを永遠に大事になる。 そんなストレスから解放されるために、自作キーボードをかけサイトから情報を取得し、リアルショップで自作キーボードの聖地、秋葉原の遊舎工房が役立つところである。

しかし、地方に住んでいる、なかなか秋葉原に行く機会もなく、部品の注文も組み立ても、周囲に友達がいなく不安がある。 そんなも骨折ユーザーの注文どおりにカスタムキーボードを作ってくれるサービスを開始した。

会社フェルマーが運営する「VARMILO(アルミで)「がそれだ。果たして左右分離されたベース基板はないが、キートップやスイッチを一つ一つ定義することができるのは魅力的だ。このサービスを使用して、筆者のキーボードへのこだわりの原点となったモデルを再現してみることにした。

現場でのカスタマイズ

VARMILOでカスタマイズ可能なキーボードは、「65%」と「80%」の数字レスと「100%」「110%」のフルキーボードの4種である。 今回は、省スペースキーボードが欲しかったので、「65%」をベースとする。

まず、有線/無線、LEDの有無、Mac / Windows /両用など一通りのタイプを選択します。 静電容量スイッチが良い人は、ここで選択を間違えないようにしたい。 今回は、従来の「有線/単色LED選択可能」で作っていく。

まず基本的な仕様を選択

ユーザー数はベースプレート色、ケースの前後のキートップの色とフォント、スイッチの種類などである。 汎用的に使用キーボードであれば、キートップは、従来のスイッチにこだわるなどの選択になるだろう。 一方、いくつかの専用キーボードを作成すると、ショートカットにキートップを色することになる。

キーカラーに加えて、印刷仕様を選択することができる

スイッチの選択は豊富である。 Cherryの各軸もちろん、KaithとZealio各色も選択可能である。 各スイッチの特性を事前に知っていないと選択することができないとは思うが、キー1つ1つの別のスイッチを割り当てることができるのは面白い。 Realforceなどは小指で打つキーのみ軽くする配列の製品もあるが、それを模倣することができる。 また、キーを見なくても指先の感覚だけでいくつかのキーかわかるとしたマニアックなユーザーでも可能になるだろう。

一つ一つのキーに、個々のスイッチを割り当て可能

今回はキートップの色にこだわり、スイッチはCherry赤軸に統一した。 その結果、16,595円という価格になった。 ただし、日本までの送料が5,000円かかるのが痛いところだ。 もう少し安ければ気軽に注文することができるが。

ご注文後、メールにて製造開始の案内が届く他のサイトでは、製品の製造工程を追跡することができる。 注文したのが9月7日から3日程度で組み立てまで終わったようだ。 発送は来週になったようだが、17日には、日本に到着し、そこで検品を受けて家まで発送される。 手元に受信したことが19日だったので、ご注文後2週間未満で到着することになる。 しかし、メーカーでのご注文から到着まで3週間程度を目安にしてほしいということだった。

製造工程が追跡することができ

思い出のキーボードを復刻

今回筆者が作成したかったのは、1970年代に存在したビデオ編集システム、米国Oroxの「CMX340X」というモデルのみキーボードである。現物はすでに入手不可能なので、その復刻版を作ろうというものである。CMXは筆者がキーボード操作を覚えている最初ののシステムであり、キーボードショートカットだけでビデオ編集のすべての操作を行うことができるという発想は、後の線形ノンリニア編集システムに大きな影響を与えた。

その色がこれである。 インターネット上で検索して鮮明な画像はほとんどなく、英語Wikipediaに載っているのは、筆者が使っていた340Xより新しいモデルのように配列が異なっていた。 それでも何とか焦点甘い写真を見つけて記憶を頼りに再現した。

接続はUSB-TypeC

足は1段階のみ

「CapsLock」と「Q」の赤いキーの位置が燃焼コマンドである。 しかし、実際のコマンドは、「Ctrl + Q」である。CMXはUnixベースのシステムだったため、PCのキーボードのCapsLockの位置が、Ctrlキーだったのだ。今回は、この色の配列にこだわっしたかったのでやむなくCapLockを赤にした。後発ソニーエディタでレコーディングコマンドが「Ctrl + E」とキーが互いに離れて閉じので、とても使いにくかった。 EditのEかもしれないが、そのような部分は、おせっかいた。

A〜Lまでの緑のラインは、VTRやカメラのソースの切り替え、Y〜Oまでの青はレコーディング対象の選択、すなわちV / A、VのみA1のみA2のみ(当時のVTRオーディオトラックが2しかなかった)である。 Z〜Nまでの列はVTRの巻き戻し、早送り、再生、一時停止、スローなどのコントロール部である。 「M」と「<」は、それぞれIN点、OUT点の設定である。

ベースを赤にしたので、色が引き立つ

騒音を考慮してCherry赤軸を選択

W〜Tまでの色は、実際に山吹色のような色であるが、選択の余地がなかったのでピンクになってしまったが、雰囲気は出ていると思います。

すでにCMX本体もプロダクションすることがないので、この色は、何の意味もない筆者が、キーボード操作を覚えた配色がこれであり、再び触れることができないと思っていたほど懐かしさと喜びでいっぱいである。 また、この配色に入力すると、不思議ミスタッチが減少した。 三つ子の魂百まで含まれており、この配色でキーの位置を覚えてしまっており、体がそれを忘れていないだろう。

キーボード自作は非常に実用的であるが、このような思い出のキーボードを作ってみるという非現実的なことがあるのも自作キーボードブームのおかげである。 筆者的に非常に満足したショッピングであった。

READ  Appleに人が「iPhone 12」の5G対応やMagSafe、Ceramic Shieldなどの新機能について話 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close