世界

[아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース – Bloomberg

写真家:Luke Sharrett / Bloomberg

この記事は、毎朝届くニュースレターに登録してください。

南シナ海を巡って米中の緊張が高まっています。 米国政府は、26日、紛争中の人工島の建設に参加した企業や個人に対する制裁を発表した。 ロス商務長官は、制裁対象とした企業に対して、「人工島建設する挑発行為で重要な役割を担っている」と言明した。 また、この日には、中国軍が南シナ海にミサイルを発射したと、いくつかので報道しました。 今後の緊張関係の悪化が懸念されます。 以下は、一日を開始する押さえておきたい5つのニュース。

南シナ海の緊張

米国は、南シナ海での人工島建設に参加する中国企業や個人に対する制裁を発表。 商務省は中国企業24社を「エンティティのリスト」に追加されます。 このリストに掲載されると、貿易などの面で制限を受ける。 ポンペオ国務長官は、個人にビザ制限措置を表明した。 一方、サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)は、軍事訓練を実施している中国軍が南シナ海に中距離ミサイルを2発発射したと報道した。

高レベルの抗体

米国バイオテクノロジー企業のモデルルナは新型コロナウイルスの第1相臨床試験に基づいた新しい安全データシートを発表中高年層の免疫システムを強化することが初めて証明された明らかにした。 会社の発表資料によると、この試験では、55歳以上の年齢の治験には、より年齢が低い大人と同等の「一貫して高いレベルの「中和抗体が生成された。

約160年ぶり

米国の南部にハリケーン「ローラ」このアプローチしている。 勢力は5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」に発達した。今後風速は最大時速145マイル(秒速約64.8メートル)このをすると予想されている。コロラド州立大学の科学研究院フィルクロブーツ白氏によると、ローラは、この風速を維持したまま、ルイジアナ州に上陸した場合、同国に上陸するハリケーンに1856年以来、最強になるという。

小後半クGも参加か

ソフトバンクは中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」、米国事業の売却参加を協議している。 匿名の協議関係者の言葉を引用して技術情報サイトか情報が伝えた。 報道によると、すでに買収交渉に入っている企業とソフトバンクGが連携しようとしているか、または新たな買収提案を仕掛けようとしているのか知ることができない。

復興資金を利用

ドイツは新たな成長対策の財源として、欧州連合(EU)の「復興基金」から自国に割り当て補助金を利用し、政府の負債の増加を防止する。 協議に詳しい消息筋が明らかにしたところによると、メルケル首相が率いる連立政権は25日、復興基金から付与される約150億ユーロ(約1兆8800億円)を、既存の経済対策に充当することにより、合意した。 すでに試合支援策に含まれている措置と脱石炭化戦略などの財源とする。

他の注目ニュース

EUの通商政策担当ホーガン欧州委員が辞任 – 新型コロナの規定に違反

米連邦準備制度5年、あるいはもっと長い期間ゼロ金利政策を維持も

中国が米国に譲歩米国上場の中国企業に感謝 – 証拠監督管理委員会副主席

READ  ウイグル、チベット、モンゴルで中国政府が粘り強く宗教を弾圧する理由ポリシーと法律見る当局の「深い懸念」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close