経済

[야마다 쇼헤이의 Re : config.sys]ソフトウェアが自由にされていないPCは、PCではない – PC Watch

Windowsがいいとか、やはりmacOSである、いやAndroidであるiOSとこだわりは人ごとだ。 しかし、それは、コンピュータがアプリケーションを自由にインストールして、その利用環境を必要に応じているからである。 それができない場合は、コンピュータを名乗る。

2台のPCがヒンジで合体

 コンピュータ名はThinkBook Plus、そして抱擁OSの名前は、Windows。 普通の二人は普通の恋をして平凡な結婚をして、PCにあります。 しかし、単一の違った新しい家には見たこともない、他のコンピュータがあったです…

レノボでThinkBook Plusが発売された。 2020年初CESで発表されてから約1年、満を持して登場、本当に楽しみにしていた。

この製品は、13.3インチのフルHD LCDの約1.4kgのWindowsモバイルノートだ。 しかし、天板の表面に10.8インチ相当のE Inkディスプレイを実装してノートパソコンを閉じた状態でもメールを読んだり、スケジュールを確認したり、メモをしたり、ドキュメントを表示するなどの数。

レノボに一度ヨガブックC930という製品があった。 ここE Inkを実装して、そこにソフトウェアキーボードを表示し、コンピュータを操作することができた。 物理的なキーボードが装備されていないのだが、これは今の革新を感じたのだ。

ThinkBook PlusはYoga Book C930とは異なり、一般的なノートパソコンと同じように物理的なキーボードを搭載している。 だから、Windowsで作業している方は、本当に普通のコンピュータとして機能する。 しかし、液晶を閉じると、天板の表面に実装されたE Inkディスプレイが別のコンピュータで動作する。

つまり、両方のコンピュータがヒンジに合体しているという点でYoga Book C930と同じだが、このレベルで連続していないディスプレイになるので、使用がまるで違う。 Yoga Book C930の場合は、WindowsまたはAndroidの汎用OSと一緒に使用するヘルパーの存在が想定されていたが、ThinkBook PlusはE Ink側のコンピュータは、Windowsが寝ているときに動作、音声逆という概念がある。

Kindle読書に最適化だと思ったがや

事実ThinkBook PlusがCES2020で発表された当時のメイン液晶の背面にあるE Inkディスプレイは、Windowsから見るとセカンダリディスプレイの役割をした。 ここでは、編集長が現地で確認した経験を記事にしている。

この情報を聞いた時は狂喜乱舞した。 なぜならWindowsのセカンダリディスプレイとして機能するのは、Windowsアプリケーションであれば何でも使用することができることを意味するからである。

E Inkは再描画が遅く、頻繁に対話をするには、適していない。 どちらかと言えば、ずっと同じ情報を表示するために継続用途に便利だろう。 しかし、多くの場合の操作をしないことを前提にすれば、反射型のE Inkは目に優しく、明るい場所での視認性が優れている。 まさに紙そのものだ。

だから感じが来るのがKindleである。 つまり、リフロー対応した文字中心の壮大な電子書籍をじっくり読んで、最適ではないかと考えたのだ。 現在、専用のハードウェアでのKindleの最大画面を持っているのは、Kidle OASYSで7インチのE Inkを装着している。 ただ、もう少し画面が大きければいいのにという思いが闊歩していた。

それを払拭与えるような印象を持ったのがOnyx Internationalによると、13.3インチの「BOOX Max 3“だった。13.3インチのE Inkディスプレイは単行本で言う四六判(188mm×130mm)の両面のような大きさで申し分ない。

何よりも、OSがAndroidであるため、一般的なアプリケーションをGoogle Playストアで探してインストールすることができるという点で、自由度が高かった。 本当に好きだったが、価格に躊躇して買わずじまいになってしまった。

この製品は、すでに廃盤となっているようでAmazonなどで探しても品切れが続いている。 現在の後継モデルとしてはBOOX MAXルミが相当するようだが、フロントライトがつくなど高機能化しているが、それはまた高額になってしまったようだ。

しかし、ThinkBook PlusならWindows用のアプリケーションを使用することができる。 13.3インチのような大型スクリーンではないが、Kindle OASYSよりもはるかに大きい。 さらに、Windowsのノートパソコンを手に入れた場合関連付加価値分だと思えば、その金額も多少安価に感じることができる。

ちなみにこの原稿を書いている時点でNEW YEARセール限定価格で11万3,520円という価格がある。 この価格を10世代Core i5プロセッサ、8GBメモリ、256GB SSDの13.3インチフルHD液晶を搭載したモバイルノートPCで見たときにどのように判断することができるである。

発表の時とは異なる仕様で登場

ところがである。 リリースされた製品レノボから借り確認と、E Inkディスプレイは、Windowsのセカンダリディスプレイはなくなっていた。 一言で言えば、Windowsストレージを借用する吸盤サメコンピュータがされてしまった。

このようにすると、立川悪い。 つまり専用機である。 少なくともエンドユーザーのOSもアプリもシェルも排他的に私たちの道を行く。

もちろんWindows側のデスクトップのバージョンのOutlookとの連携や、手書き機能、WordやPowerPoint、OneNote、PDF、などのデータファイルをテキストファイル、EPUBなどの形式のファイルを見ることができる。 それで十分だというユーザーも少なくないだろう。

しかし、期待したのは、一般的なWindows PCのディスプレイでお馴染みの、または、必要なアプリケーションを自由に利用できるという環境だった。 入って急に仕様変更でそれを行うことができなくなってしまったのは残念仕方ない。

これはおまけに過ぎないものであり、おまけに大きな期待をしても仕方がないと思うが、個人的には、2020年の最大の失望だった。 様々な大人の事情もあったのかもしれないが、レノボは、より大きな革新を起こす企業だと思っているだけに残念だ。

とコロナ流行に激動の2020年、ついに終わりである。 2021年はどんな年になるのか想像もできない。 また、元には戻らないという事実か…とにかくも1年間ご愛読いただきありがとうございます。 2021年よろしくお願いします。

READ  ECBパンデミック緊急購入の拡大 - 必ずしも全額使用しない場合総裁 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close