技術

[야마다 쇼헤이의 Re : config.sys]マウスにもまだできることが残っていた – PC Watch

ロジクールがモバイルマウスの代表を3年ぶりにリニューアル “MX Anywhere 3コンパクト性能マウス」を発売した。

デスクトップ用 “MXマスター3「登場からほぼ1年であるが、99gの軽量コンパクトさが魅力のモバイルマウスに展開で新たな進化が嬉しい。

マウスとパッド、どの派?

ポインティングデバイスの好みにスライドパッド派マウス派がある。 どんな理論にも一理があって面白いが、個人的には、マウスを掘る。 これは、Windowsのデスクトップがウィンドウを上書きことを前提としているからである。

ウィンドウは、各アプリの使いやすいサイズであることが定められている。 例えば、今私が使用しているデスクトップのサイズとスケーリング環境では、この記事が掲載されたウィンドウ幅1,185ピクセル以下になると、ブラウザウィンドウに水平スクロールバーが表示されます。

また、全画面表示など、より幅を持たせ表示しても灰色の余白が両方に表示されるだけで、意味がない。 フルHDの場合は、デスクトップの横幅は、1920ピクセルなので、無駄にしないように調節した幅の窓の隣には、40%程度のスペースがある。 その空間を放置することはもったいないので、他のアプリケーションのウィンドウを表示たりするわけだ。

残っ横800ピクセルに満たない。 なかなかどうして、その幅にちょうどいいアプリだということがない。 ウィンドウの表示内容は、ウィンドウをきっちり並べ碁盤と重ねて並べオーバーラップ表示がありますが、碁盤の最適のデスクトップを使用できるように構成するには、広々としたデスクトップが必要である。

その結果、デスクトップにオーバーラップウィンドウを並べときは、まず、すべてのウィンドウを最適なサイズで表示させておき、一部が重なった状態で維持される。

ここで厄介なウィンドウの背後にあり、一部しか見えないウィンドウの操作である。 今アクティブアクティブウィンドウはそのまま後ろにウィンドウをスクロールしたい場面はかなりの頻度で発生する。

ところが、ウィンドウをスクロールするためには、そのウィンドウをアクティブにしなければならない。 有効にすると、フロントにあった現在のウィンドウの後ろに隠れてしまう。 しかし、マウスがあれば、いくつかのが隠れているウィンドウで、それを有効にしないスクロールできる。 このマウスを使用して最大の理由である。

スライドパッドで2本指スクロールジェスチャーなどでも同じことはできますが、どうしても故障が多くなり、予期せず背面のウィンドウの前面に出たりして、ストレスがたまる。

その点では必ずしも有効にしないウィンドウの操作ができず、ホバー機能も利用することができないタッチなどは論外ということにもなる。 今後のPCにタッチは必須だと考えますが、この点だけは何とかならないかと思う。

だから特定のタスク部屋でもリビングでもモバイルでも使いやすいマウスを望んでいる。 ロッジクールのMXシリーズは、ハイエンドマウスで常に期待を裏切らないてきた。 やっとマウスに、もはや何が必要なのかと思ったが、常に新しい提案を提示してきた。 今回もそうだ。

期待を裏切らない、新しい機能の提案

新しくなった「MX Anywhere 3」の特徴は多い。 デスクトップ版の「MX MASTER 3」の特徴をコンパクトなケース内に実装して続け、様々なところに手が入っている。

面白いのは、サイドボタンの自動切り替え機能である。 一般的に、サイドボタンは「戻る」と「進む」のために使用する。 しかし、ユーティリティOptionsは、ここに手を入れて、そのときに使用するアプリケーションに応じて、サイドボタンの機能を切り替えることができるようにした。

各ボタンの機能の切り替えは、以前から見ることができるだろうが、新しいオンライン会議で頻繁に使用されるZoomとTeamsプロファイルが追加され、それが使用されることが検出された場合には、進むボタンを押すと、と、ビデオミュート、ミュート解除の切り替え[戻る]ボタンを押すと、マイクミュート、ミュート解除の切り替えになる。 これは便利である。

使用するアプリケーションがMicrosoft Officeの一連のアプリケーションは、AdobeのPremiere ProおよびPhotoshopの場合は、試してみてキャンセルに機能する。

そして、これらの割り当ては、デフォルトの設定のほか、各アプリにどのような機能を設定できるようになっている。 各アプリに割り当てられる機能は異なりますが、どのようなアプリケーションも、特定のキーを割り当てることができますので、ショートカットキーを設定しておけば、実質的にさまざまな機能を割り当てることができるというものである。

つまり、同じマウスを使用しているが、手のひらの中に包んだ状態で、各アプリにそれぞれのボタンを押すと、どうなるのかを決定しておくものである。 ちなみにこの機能は、ユーティリティのOptionsで提供することで、新しいバージョンの提供とデスクトップバージョンの「MX MASTER 3」でも利用できるようになった。

「MX MASTER 3」でなかったが、「MX Anywhere 3」のみ実装されている興味深い機能は、「スクロールの力」の設定である。この設定は、ラチェットモード、すなわちカリカリモードホイール感を自由にすることができる。

サクサクスリックゴリゴリと円形ヅングルワその力を変えることができる。 もちろん軍ッ力強く回す自動的にさらさら無料スピン切り替え機能も実装された。 先代までホイールクリックで切り替えた。 この自動切り替えを解除もある。 また、その副作用で中央ボタンをクリック機能も実装された。

水平スクロールはサイドボタンのいずれかを押した状態でホイールを回転させるとよくなった。 以前のようにホイールを左右に傾けても、水平スクロールが、ホイールの回転と結合して、水平スクロールの速度を可変することができる。

サイドボタンを押して離すと、通常バックしようこれからの役割をして押してしまった状態を検出するように最適化されているようだ。 広大なスプレッドシートを水平方向にスクロールしたい時に便利なのはもちろん、小さな画面で動画編集をするような時にも便利です。

このように大き目のデスクトップ用の「MX MASTER 3」に匹敵する機能をコンパクトなケースに入れて実装した結果、内部は所狭しとしたものである。

マウスは、常に清潔に

歓迎したいのは、両方のゴム素材がシリコンされ、加水分解を起こし、ベタベタしてしまう恐れが解消されたところである。 マウス長い手のひらの中にあるだけに、その感覚は強調したい。 今回のアップデートで地味するが、非常に重要な変化である。

参考パッケージは、通常版とMac版がありますが、ハードウェアで同じものである。 通常版は、USBレシーバーとType-A to CのUSBケーブルが付属し、Mac版はType-C to CのUSBケーブルのみで受信機は含まれていない。

USBレシーバーを介して2つのBluetoothという3つのデバイスをボタン一つで切り替えることができることはすべて同じで、価格も同じなので、その場合は受信機が含まれている通常版利益である。

通常版は、色もグラファイト(黒)、フェイルグレー(白灰色)、ローズ(ピンク)の3色である。 Mac版は薄い灰色だけだ。

受信機は、コンピュータ本体に装着して使用することはもちろんのこと、Hubと毒ディスプレイのUSBポートなどに接続して使用するときにも便利である。 様々な方法で柔軟に対応することができますので、受信機は、受信機で確保し、維持するためにも通常版良く見えます。

そういえば、今のコロナ災害下でマウスをアルコールなどで清潔に維持することも普通に行われているのだが、常に手に握ってたマウスは、皮脂もくっついていることができる。 抗菌マウスなど各社から発売されているようだが、基本はやはり掃除だ。 細かい清掃は怠らないようにしたいと思います。

READ  Nuvoton Technology Corporation JapanとGreen Hills Software、安全安全なデジタル車のダッシュボードを提供

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close