技術

[특집]サイバーパンク2077を購入するため、HDR環境にしたら、仕事で困難な事態が話〜WindowsのクリップボードはHDR非対応。 解決策は? – PC Watch

HDRオンの状態サイバーパンク2077 CD PROJEKTR、Cyber​​punkR、Cyber​​punk 2077R are registered trademarks of CD PROJEKT SA c CD PROJEKT SA All rights reserved。

世界的に注目されて複数回の発売延期もあり待ちに待ったRPG「サイバーパンク2077」が12月10日に発売された。 ゲームが好きな筆者もご多分例外なく発売日にPC版を購入した。

いくつか本作の特徴の一つは、最新のグラフィックス技術を採用している点。 HDRはもちろん、レイ・トレーシングにも対応して美麗な映像に仕上がっている。 筆者のPCはCore i9-9900KとGeForce RTX 2080 Tiを搭載し、ディスプレイもHDR用であり言うことができる、画質は最高設定でプレイしている。

ゲーム内容は、Act2て「ああ、ついに!これは雰囲気ました!」(スポイラーを防ぐために詳細については、伏せる)という所で楽しむプレイしているゲームとは関係のないことに1つ困ったことが起きた。 それはHDRを選択して、Chromeでのスクリーンショットを撮影したときに飛んだしまうのだ。

Web媒体の記者という職業上、Webページの画面写真を撮影することは日常的である。 次の画面は、HDRのオン/オフそれぞれでAlt + PrtScrキーを押して、撮影Photoshopにつけたもの。 ディスプレイの外観は同じだが、保存された画像の違いは一目瞭然でHDR環境で撮影した画面写真は使用に耐えられない。

本来のPC Watchのトップページ

HDRオンの状態で撮影したChrome全体のスクリーンショット。完全に飛んで行ったある

これらの違いは、私は、標準のWindowsのクリップがHDRに対応していないからである。 これはSnippingツールとその後継 “カット&スケッチ」も同じだ。さらに言えば、GeForce Experienceのスクリーンショット撮影機能もHDRに対応していないので、同じような結果になる。

参考までにGeForce Experienceのスクリーンショット

ゲームや動画は、HDR楽しみたいけど、SDR(標準ダイナミックレンジ)のスクリーンショットも撮っていただきたいと、何か対応策を打つ必要がある。

1)HDR / SDRそれぞれを利用すると、Windows 10のHDR設定をON / OFF

まず、簡単な方法は、状況に応じて、Windows 10のHDR設定のオン/オフを切り替えるものである。 通常(SDR利用)は、解除しておいて、HDR利用入れます。 ディスプレイは、(少なくとも筆者所有のASUS「VG279QM」)は、HDRを選択した状態で置いても、Windowsの設定がHDRオフの場合、SDRになって、きたなら選択変わる。 設定の変更は、OSのところに住んでいるのだが、少し面倒だ。

また、HDRオフにすると、ディスプレイの明るさが低下する。 輝度向上が好きな筆者としては、SDRモードで暗くなるのも欠点である。

Windowsの設定」画面」の項目でHDR環境が良い場合は、「HDR使用」を選択することができる。スクリーンショットなどの問題が出てきた場合は、このを解除キャンセル

2)SDRのWebコンテンツには、Firefoxを使用して

筆者のメインブラウザはChrome。 HDRの問題がセンギプニダウン「ChromeがHDRに対応している」ボディ。 一方、Firefoxは、現在(バージョン83)は、HDRに対応していない。 したがってHDRを選択した環境でもFirefoxのスクリーンショットは、SDRするので見た目のようなスクリーンショットが保存される。

Web画面だけならこれでもいいが、Chrome自体が更新さ、その全体のスクリーンショットを撮りたいときは、もちろん、この方法は、使用することができない。

3)Chrome拡張機能で撮影する

試しにと以前からインストールされたChrome拡張である “Awesome Screenshot」を使用した結果、通常のスクリーンショットを撮ることができた。この拡張機能は、HDRに保存するのではなく、SDRに保存している。なぜこのツールとよく行くのか分からないが、一度ブラウザのレンダリング領域のスクリーンショットであれば、これで解決することができる。

ただし、タブなどを含むChrome画面全体を撮影するには、このツールはならない。

Chrome拡張Awesome Screenshot

今撮影すると、なぜかHDR→SDR変換の影響を受けない

4)Chromeを強制的にSDRする

ゲームはHDRゲームが、そうではHDRを使用しない場合、Chromeを強制的にHDR環境でもSDR表示させる選択肢もあります。 方式は、URL欄に「chrome:// flags /#force-color-profile」を入力してエンターキーを押して、「Force Color Profile」を「sRGB」ということ。

Force Color ProfileをsRGBにするとChromeはSDR表示される

ただ当然そうすればYouTubeなどHDR動画がSDRでしか表示されなくなる。 ちなみに筆者は、この項目を「HDR10」と思ったら、Chromeの画面がまったく表示されませんキャンセルにすごく苦労した。 sRGBに変更も何か欠陥につながる可能性もあるので、変更する場合は、自己責任で行ってもらいたい。

HDR環境でHDR対応YouTube動画を再生すると、このように「HDR」というメッセージが庭

HDR環境でも前にForce Color ProfileをsRGBにするとHDRで見ることができなくなる

5)Xbox Game Barのスクリーンショットは、HDR / SDRの両方をサポート

別の試みにとWindows 10の標準的な機能である「Xbox Game Bar」の撮影をしようとしたが、面白いことが分かった。 Win + Alt + PrtScrを押してXbox Game Barスクリーンショットの撮影を使用すると、SDRの環境では、一般的に、PNGイメージが一つ生成されるが、HDR環境では、HDRに対応する「JPEG XR」(拡張子= JXR)とSDRのPNG形式の2章を同時に撮影されたものである。

Xbox Game Barのスクリーンショットは、HDR環境では、HDR(JXR)とSDR(PNG)が同時に保存されている

このJXR写真はトーンマッピング(色丸め)が起こらため飛んだなどはもちろん発生しません。HDRゲーム画面もHDRのまま保存することができる。 圧縮こそされているが、サイバーパンク2077の画面写真とSDR PNGはファイルサイズ3.12MBの結果、HDR JXRは7.29MBされており、定義は失われない。

ただし問題は、JXRに対応するアプリケーション/サービスが少ない点である。 Photoshop CCはJXRに非対応なので、開くことができません。 Twitterも非対応なので、アップロードすることができない。 Android 11で見ることができなかった。 これまでJXR画像は水中での保存用に使用する程度しかない。

同時に保存されているSDR PNG内容だが、ここでは、トーンマッピングされるが、標準的なクリップボードによるものと比較すると雲泥の差がかなりオリジナルに近い形で保存される。 それでも少しぼやけているので、職場で使用するには、やはり難しいものですが、OSの設定をHDRでSDRに切り替えずに軽くなりの画面写真を撮る程度の用途であれば使用することができるだろう。

Xbox Game BarのSDR画像はクリップボードとGeForce Experienceに比べてトーンマッピングが非常に優れたものですが、それでもかすかな感じになってしまう

現在の完全な対応策はありません

としてHDRを選択して、環境設定を変えずにChromeのタイトルバーなどまで含めた全体のスクリーンショットを破綻なく撮影する方法はまだないようで、OSの設定をSDRに(片道)しかない。 ブラウザのレンダリング領域だけでよければ2、3などの方法を使用することができる。 ただし、Xbox Game Bar機能でHDRとSDRのスクリーンショットを同時に撮影することができているということは、今回の一つの発見であった。

Chromeのスクリーンショットが飛んだか、かすかななどいくつかの奇妙場合には、HDR→SDRのトーンマッピングが原因である場合があることで、そのような場合には、上記のような措置をしようとしてもらいたい。

READ  Nintendo、Super Mario 3D WorldでBowserのFuryモードの新しい情報共有

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close