技術

[특집]格闘ゲームの常識 “60Hz”過去のもの!? ストVは144Hz以上のディスプレイでより優位に〜プロゲーマー傾向群と確認 – PC Watch

プロゲーマーからレッドブル選手の傾向群とMSIの「OPTIX MAG251RX」©CAPCOM USA、INC。 2016、2020 ALL RIGHTS RESERVED。

家庭用ゲーム機の近くで最大4K / 120Hzまで対応できるPlayStation 5とXbox Series Xの発売を控えて、ディスプレイへの関心が高まっている。 コンピュータ業界ではすでに数年前から144Hzと240Hzなどの高いリフレッシュレートディスプレイが発売されており、それを最大限に生かすことができるFPS系ゲームは、特にプロの間で高いリフレッシュレートの利用は、すでに常識されているすら言える。

一方、多くの格闘ゲームでは、60Hz(60fps)固定で動作するように作られているので、144Hzなどの高いリフレッシュレートディスプレイは不要だと思った。 しかし、少なくともストリートファイターVに限って言えば、そうではないということが、最近明らかになった。

これについては、すでに廃止による定期配信」の傾向ですね!」で、プロゲーマーの傾向群と一緒に確認したが、再度PC Watchの記事にも確認をしたいと思っている。

事実スト4の時代から近いのは噂があった

まず、なぜFPSゲーマーが高いリフレッシュレートディスプレイを好むかどうかを説明しよう。 再生頻度が高いということは毎秒描かれる映像の枚数が増加することを意味する。 60fpsで毎秒60フレームであるが、120fpsと倍の120フレームとなる。 FPSは後ろ回っサイコロは大きく動きの一方で、相手に焦点を重ねとき小さく精密に動く。 どんな状況でもリフレッシュレートが高いほど、よりスムーズな動作が可能となる。

また、例えば、壁の後ろから敵に表示される状況では、時間にして1/120秒の僅差であるが、120fpsで60fpsよりも早く目標を視認することができるというメリットもある。

視認性だけでなく、多くのFPSは、画面を描画するときに、マウス/キーボード入力作業も受け入れるので、上記の状況では、1/120秒早く認めた後、狙撃動作も1/120秒速くすることができ。

一方、格闘ゲームは、伝統的に60fps固定に作られてきた。 したがって、高いリフレッシュレートディスプレイを使用してもメリットは享受できないと信じていた。

しかし、ストリートファイターはIVの時代からPC版では、画面描画垂直同期をオフにすると動作が軽くなるなどの話が、一部のユーザーの間で広まっていた。 そして、このことは、PC版ストリートファイターVにも適用することが、9月頃からプロプレーヤーなどの間で囁かれるようにした。

高いリフレッシュレートの設定が格闘ゲームでもメリット?

垂直同期は、GPUによる画面描画(およびデータ転送)とディスプレイによる描画を同期させる技術。 これを解除すると、PCの性能が十分に高い場合、GPUが描画可能な描画することができるようになる。 もしディスプレイが60HzでGPUがより速度(120fps)で描画どうなるか?

まず、先に述べたように、描画と入力面からの利点を得ることができる。 一方、ディスプレイが1つの絵を描いて切る前に、GPU上で、次の(またはそれ以上前に)フレームの映像が送信されるためには、画面の下部には、今のフレーム上半身は次のフレームが同時に描かれたような映像になってしまう。

ステアリングの例画面の上部には下部よりも先にフレームがレンダリングされる

この映像が上下に切断された状況を「ステアリング」と呼ぶが、FPSプレイヤーには映像がステアリング騒ぎも他の利点を得ることができるので、垂直同期をオフにしてGPUに描画のみ描かしまうことが一般的になっている。

また、最近では、NVIDIA G-SYNC AMDのFreeSyncなどのディスプレイとGPUのレンダリングのタイミングを動的に同期させることで、ステアリングを回避しながら、最大限のレンダリングを行なう技術も投入されており、この場合、映像の歪みがない状態で、よりスムーズなプレーが可能となる(G-SYNCの繊細な構造については、記事の「NVIDIAのさまざまなディスプレイの垂直同期方式を再整理する」を参照してください)。

しかし、格闘ゲームでは、垂直同期を切っても、毎秒60フレームのレンダリングというものが固定されている。 また、入力の判定も1/60秒ごとにしか行われない。 したがってストリートファイターが垂直同期オフで「軽く」というのは、突然の信じがたいものだった。

実際に筆者がストリートファイターVで垂直同期をオフにして、「ヒット確認」の精度が上がることを確認してみたが、効果は体感できなかった。 しかし、何も考えず、ディスプレイのリフレッシュレートを144Hzに見て、今までできなかったヒット確認ができるようにされたものである。

ヒット確認することは連続スキル1発目がヒットしたかガードかどうかを目視した後、ヒットした場合にのみ、連続スキル継続高級再生することができます。 ストリートファイターVはヒット確認猶予が15F(15フレーム= 0.25秒)以上であれば練習に基づいて、どの程度の精度で実現できるとされている。 しかし、144Hz環境と猶予が14F(約0.233秒)の連携にも反応することができるようになるだろう。

なぜ高いリフレッシュレートで優位を占めることができるか

なぜこのような違いが出るのか? あくまでも推測ですが、これは再生頻度を増加させる1枚あたりのフレームを描く時間が減少しているためと考えられる。

NVIDIAが提供する計測ソフト「Frame View」を使用して、各モードでは、各フレームを描画するコマンドが実行され、それが表示されるまでの時間を測定した平均値(単位はms)が次のものである。

60Hz /垂直同期オン60Hz /垂直同期オフ144Hz /垂直同期オン144Hz /垂直同期オフ240Hz /垂直同期オン240Hz /垂直同期オフ
29.872321.38937.97127.58428.35255.1931

リフレッシュレートが上昇して、レンダリング時間が短縮されることがわかる。 60Hzで、16.67msを超える理由は不明だが(多分60Hzで常に描か1F遅延いるかもしれない)、60Hzと144Hz / 244Hzとそれほど時間が1F分違っている。

ストリートファイターVは毎秒描画枚数はリフレッシュレートに関係なく、60枚であるが、144Hz以上では、それぞれのフレームのレンダリング結果が60Hzより約1F分早く目に到着、それによってヒット確認猶予時間が約1F分延長されたものでに見える。

垂直同期にはオフにして、さらに描画時間を短縮することができる。 とはいえ、240Hzの場合であれば、その差は1000分の3秒。 誤差の範囲である。 144Hzに至っては10,000分の4秒しか違っておらず、人間に認識出る差はない。

60Hzで垂直同期をオフにするだけでも、0.5F分描画時間を短縮することができる。 スチオリンガ発生していますので、その時点で、画面の上半分程度元より1フレームのターゲットフレームが描画されるものである。 その効果は、今回の傾向群のヒット確認の結果にも現れているが、144Hz以上程度ではなかった。 実際傾向諸島明らか144Hz以上がヒット確認が可能と述べた。

また、垂直同期をオフにすると、ステアリングによって映像が見にくくなる。 その点を考慮し、現在の状態のSteam版ストリートファイターV以上の環境では144Hz以上のディスプレイを垂直同期設定に利用するものである。

また、ストリートファイターVはキャラクターに表示されるヒット/ガード効果、または体力ゲージの下にあるスタンゲージの変化にヒット確認がある。 すべて完全に同時に変化するだろうが、ディスプレイ画面の上部から1ラインごとに描画されるため、これも非常に僅差であるが、画面の上部にあるスタンゲージが、その変化をすぐに認めている。

高いリフレッシュレートの影響

おそらくストリートファイターVプロプレイヤーは、元14Fの猶予時間に反応することができる能力を持っていたのだ。 しかし、今までは機器の制約から15F確認がほとんど限界があった。 144Hz以上のディスプレイを使用することで、その制約が緩和され、残りの0.016秒究明した14Fヒット確認ができるようにされたものと言えるだろう。

傾向群は、これらの環境では、プレイヤーが持っている潜在能力をより発揮されて、今までよりもレベルの高い合わせ、お互いようになるので、プレイヤーとしては歓迎すると述べた。

一方、大会やイベントなどでは、60Hzの環境が一般的。 コンピュータではなく、PlayStation 4(PCより遅れがあるとされている)が使用される場合も依然として多い。 その後、自宅のコンピュータで行うことができたヒット確認できないだけでなく、ボタンを押すタイミングを体感ビートル必要が出てくる。

しかし、この点に行き君は「プロ野球選手が野球場で人工芝と天然芝などの環境の違いを言い訳することができないのと同じで、プロゲーマーも、すべての環境に合わせて準備をしておく必要がありますね」と、複数の異なる環境を収容した後、それぞれの環境で最善を尽くしていくことで、ファンの方に、より良いものを見られるようにつながるた。

OPTIX MAG251RXの仕様と特徴

最後に、今回の利用MSI OPTIX MAG251RXの仕様と特徴を紹介しておく。

パネルは、格闘ゲームでの一般的な24.5インチIPS解像度は1,920×1,080(フルHD)、最大のリフレッシュレート240Hz最大の色数は約10億7,300万色、輝度は400cd /平方m、コントラスト比は1,000:1、視野角は上下/左右とも178度。 応答速度も1msの高速残像のないレンダリングが可能である。

G-Sync Compatibleので、フレームレートの変動が激しいFPS系ゲームでも、毎月またはステアリングが発生しない。 DisplayHDR 400にも対応する。 インターフェースは、HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2a、USB Type-C(DP Alt対応、15W電源可能)で、USB 2.0×3も備えている。

本体サイズは560.1×182.4×507mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.4kg。 スタンドは上下-5〜20度のチルト、最大130mmの高さ調節が可能である。

[制作協力:エムエスアイコンピュータージャパン株式会社]

READ  ASCII.jp:GeForce RTX 3070 FEレビュー! Ampere世代最強の電力性能比とRTX 2080 Ti超え確認(1/10)

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close