Economy

[혼다 맞추기 신형 시승]ガソリン車を選択した場合、実際に「BASIC」が非常に有益? | 応答(Response.jp)

ホンダのBセグメントサブコンパクト「フィット」の第4世代モデルを迅速にテストドライブする機会があったので、最初の印象を提供する。 試乗したのは大衆グレード「HOME」のガソリン非ハイブリッド仕様、プチおしゃれな指向グレード「NESS」2モータハイブリッド仕様の2つ。本稿では、HOMEガソリンについて説明する。

以前のフォルクスワーゲン的な調味料

ホンダフィットHOME。 東京を背景に。
第4世代の合ったように形を確認イメージ変身してきたのが印象的であるが、他のものは外観だけではない。 居住感覚、乗り心地と各部分の味が第3世代と気分を異にしていた。

まず走行感。 ハード様々なコンディションの道を選択走ってみたが、限られた試乗時間で得られた印象に過ぎないが、基本的にスポーティハッチな敏捷性は希薄で、ゆらゆらにバンプながらウェットと地上を保持走るグランドツーリングカーな感じだった。

走行は厳しいが、乗り心地は歌詞ついていた第3世代の前期型の両方悪路での接地低下と引き換えに、尿路での高い安定性と乗り心地の柔らかさを手に入れた後期型とも違う、あえて言えば、接着感重視していた以前のフォルクスワーゲン的な味である。

乗り心地は、全体的に良好。 米試乗トヨタ「ヤリス」と比較が気になるが、道路の凹凸を吸収しながら平面に走る疾走感が過去に乗った国産Bセグメントで無敵ナンバーワンだった。 しかし、高速道路で大きな段差を乗り越えたときの衝撃吸収は、車両重量の大きいハイブリッドバージョンに比べて一歩落ち感があった。

最近タイヤBMW天幕に低圧で使用するようにしたホンダ。 カスタム前2.2kg / com2後、2.1kg / cm2であり、最近のエコカーとしてはかなり低い。最近タイヤBMW天幕に低圧で使用するようにしたホンダ。 カスタム前2.2kg / com2後、2.1kg / cm2であり、最近のエコカーとしてはかなり低い。
試乗車は、標準よりも一段階低い扁平率のオプションを設定するタイヤを履いた(185/60 R15→185/55 R16)ので、その影響か、それともも新品の状態からどの程度乗り込めば慣れてくるのか…標準タイヤ仕様も試してみたいところだった。

開放感はリーダークラス

助手席ダッシュボードを撮ってみた。 開放感は非常に高い。助手席ダッシュボードを撮ってみた。 開放感は非常に高い。
居住は、第4世代合うハイライト。 室内は明るく、前方視界もデザインから連想されるように、非常に良い。 欲を言えば、フロントウィンドウ上部をより屋根に向かって広げサイドウィンドウ下の行を数センチ下げるより視野がはるかに広く、少ししかないタイプのファミリーカーになったところだろうが、第3世代合うシャーシ、ボディを改良して開発されたことを考えると、この程度でも御の字か? 現在も開放感はリーダークラスで気持ちの良いドライブがある。

エンジンは、1.3リットル直列4気筒エンジン(98ps / 12.0kgm)は、第3世代で登場した高効率ミラーサイクルエンジンの改良型に組み合わされる変速機はCVTのみ。 元加速の気持ちを味わうキャラクターではなく、加速性能は非常に平均的な基本の車のレベルにとどまっている。

矩形がで高出力1.5リッターDOHCがあったが、販売比率は非常に低かった。 第4世代では、加速性能を重視するお客様には、ハイブリッドカバーする方針である。

インストルメントパネルは、全体の液晶。 洗練された表示は全くありませんが、非常に見やすかった。インストルメントパネルは、全体の液晶。 洗練された表示は全くありませんが、非常に見やすかった。
燃費は良好。 千葉木更津近くの都市に郊外にすぐに合計51.8km走った後の平均燃費測定値は20.5km /リットル。 筆者は、自動車の印象を作成する上でよくロングドライブをする、その経験を考慮すれば、長距離を高速で走っても実測20km /リットル台に余裕がないかという感じだった。

事実「BASIC」が非常に有益な仕様?

ホンダフィットBASIC(ガソリン車)ホンダフィットBASIC(ガソリン車)
というのが短時間のドライブの第一印象だったが、ガソリン仕様で、筆者が個人的に関心を持ったのは、このHOMEの代わりに下部の「BASIC」のガソリン仕様だった。

シートは、全体のグレード共通の設計で運転席にシートリフターを備え、足周りのクオリティとセッティングも最上級の「LUXE」と同じである。外側は最下級グレードによくわざわざ質感を低く見えるような作り分けがなく、全く姿悪くない。他のグレードのような装飾がないインテリアはむしろ牛の利点を感じるようになること。

さらに、運転支援システム」本田検出」も標準装備。今税込155万8000円は本田さんの童話いるのがないかはレベルである。

ホンダフィットBASIC(ガソリン車)ホンダフィットBASIC(ガソリン車)
唯一の感覚がないのはBASICのPC-88の時代のような評価の名前でLIVEだのVIFだ、あるいはモデル中断された軽自動車の名前VAMOSとかという名前た方がはるかに魅力的だったと思う。 ホンダウン最下位等級だけ売れれば到底商売にならないので、そうしたのだが、それが自分の下にスターティング価格設定が間違っているとすることができる。

ホンダの事業は、このように混迷を極にあるが、自動車は良いことがあった。 機会アラバぜひガソリン合う遠乗りを試みたくなるところである。

■5つ星ホテル
包装:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
電源:★★
フットワーク:★★★★
おすすめ度:★★★★

READ  ラガルド総裁、ECBは、ユーロ市場を注視 - ギョンギェガムガ表示されない - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close