経済

日本の流行期間中にガスで調理する家庭料理サービス



食事を準備するためにお客様の家に派遣されたシェフ内山レキが2020年11月14日、東京品川区にあるこのレジデンスで主人に調理された料理を説明します。 (教徒)

東京(教徒) – コロナウイルス感染症が原因で、日本の多くのシェフが仕事をせずに一般的な顧客とのビジネスを維持する方法を模索しながら、レストランの食事で大きな変化を引き起こした。

すでに活況を呈している食事の事業に加え、家庭のキッチンで、高品質の料理を調理するためにシェフを雇うことは、人々が自宅で快適に食事をすることができるようにコロナウイルスから保護されている方法で、ますます人気を得てています。

最近出産休暇を終えて職場に復帰した30代の医師は、「今は外食をすることができず、子供を育てることに没頭して大きな助けになった」と話した。

「食事サービスとは異なり、私たちが望む食べ物が何なのか(シェフと一緒に)議論することができます。本当に気に入っています」と、東京にある彼女の家で語った。



食事を準備するためにお客様の自宅に派遣されたシェフ内山レキが2020年11月14日、東京品川区のマンションでキッチンで料理をしています。 (教徒)

家族は、定期的にシェフが訪問あたりの食費を除いて7,480円($ 72)の料金で3〜4日間の食事を準備するサブスクリプションサービスを使用します。

「他の人のキッチンを使用すると、少し緊張しますが、非常に良い学習体験です。」とシェフを派遣する会社であるSharedine Co.に登録された47歳のシェフ内山レキが言いました。 お客様の家。

夫と赤ちゃんと一緒に暮らす医師の家で内山は約3時間の間に約10個の料理を用意しました。 リクエストSharedineは、個々の「個人的なシェフ “を一般的な顧客との接続して栄養評価をより容易に対応することができるようにします。

お客様のオンラインレビューは、一般的に肯定的でありSharedineが働くシェフに提供したライフラインは、大流行期間中に神の贈り物でした。

企業の負債が千万円以上の外食業の倒産件数は昨年、日本で842件、史上最高値を記録して感染を抑制するために家に滞在し、政府が全国的に非常事態を宣言ハザードを超えた。 Tokyo Shoko Researchによると、大規模な地震と津波が日本の北東部を襲った2011年の前最高です。

日本の一部の地域のレストランやバーが1月初めに政府が東京と隣接県の緊急状態を回復した後、再び首都圏以外の県で拡大により営業時間の再短縮するように要求することにより、その数値は上がる。

人気のレストランの前シェフである内山は伝染病が原因で仕事を失い、9月のシェアディーンに登録しました。

病気の母親の世話をしている内山氏は、「顧客のフィードバックは私に多くの励みになります。」と言いながら、柔軟な勤務時間は、自分の状況でボーナスと付け加えました。

彼は「特別な食事制限がある看護を受ける人のために特別に用意された食事を作るなど、各世帯の多様なニーズに対応するために最善を尽くしている」と述べた。

新型コロナウイルスが出現する前に外注食事の準備サービスへの需要があったが、健康危機により傾向が加速しました。

2017年5月に設立されたシェアディーンは外勤シェフを対象に情報を交換し、ウイルス感染対策教育を受けることができるサポートプログラムを提供しています。

会社に登録されたシェフは、約900人に達したが、そのうちのいくつかは、まだ食堂で仕事が同時に家庭訪問料理をしながら料理の翼を広げてたい人もいます。

伝統的なレストランの環境以外のいくつかの提案された食事の準備は、最近の料理資格を取得したシェフに強固なプロとしてのキャリアパスを提供します。

羽鳥由紀夫全日本調理学大管長は「オリンピックを控えてホテルやレストランでの採用が完了されコロナウイルスが流行した。我々は、新入生のための進路を早急に開発する必要がある」と述べた。

伝統的なレストランでは、顧客の数が減り、一連の一時的な閉鎖と破産につながり、Uber Eatsのような食事の配達サービスが急増しました。

そして、いくつかのシェフは難しいの評判を利用して、家の前のスペースがないキッチンだけ運営する必要がある事業を開始しています。 「クラウドキッチン」または「幽霊レストラン」と呼ばれ、他のシェフが準備する施設を共有することができます。 配信料理。

昨年秋、日本西部大阪でドアを開いたショー生野森(Sokunomori)という会社では、最大10個のフードサービス業者がキッチンを共有し、各メーカーはフライドチキン、ピザ、ボウル、飲料のような各製品を顧客に提供します。

スタンドアロンのレストランと比較とき、ビジネスを通じてスタートアップオペレータは、大気の従業員が必要なく、初期投資がはるかに少なく、低コストでの地位を確立することができます。

Shokunomoriの代表的なJunji Arisako(41歳)は、「我々は、このような不利な状況と戦うコックをサポートする場所が必要です。」と言いました。

伝染病を手がかりにしたYasushi Kubo(47歳)は、フードサービス事業を運営する長年の夢を叶えるために、以前の仕事を辞めて、クラウドキッチンモデルを使用してShokunomriに自分の「onigiri」おにぎりのお店を始めました。

Kuboは「他のタイプの料理を専門とする他の専門家と意見を交換して店の人気を高めることができると思います。」と言いました。

READ  ASCII.jp:「Chromecastwith Google TV」は、Chromecastとの価格差以上の価値があります!(1/3)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close