トップニュース

日本電力公社、福島原発浄化作業失敗…

東京、1月23日(ロイター) – 日本の福島原子力発電所の運営者は、地下水が原子炉建物に浸透するのを防ぐ氷壁を作るために使用される冷却水溶液が2つの貯蔵タンクから漏れたことを発見しました。

漏れは壁や環境に影響を与えませんでした。

しかし、地震と津波が日本の北東部の海岸を強打し、1986年ウクライナチェルノブイリ以後世界最悪の原子力災害を起​​こしてからほぼ11年が経過した後、敷地を掃除する上で予測できない困難を強調します。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

昨年だけ日本政府は、2023年春から処理後、現場で100万トン以上の調査された水を放出することを承認しました。 Tepcoは先月、作業のために海に到達するトンネルを建設すると述べた。 もっと読む

日曜日に、TepcoのTsuyoshi Shiraishiの広報担当者は、氷の壁を維持するために使用された約4トンの塩化カルシウム溶液が8番目の漏れで漏れたと述べました。

彼は「現在の原因を確認している」と話した。

白石は、2019年12月の最終漏洩で16トンが流出しました。

クーラントがないと壁が溶けるのに数ヶ月かかるので、壁の機能に即座の影響はないと彼は言った。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Daniel Leussinkによる報告。 クリストファークッシングの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  米国と日本、新たな軍隊取引後の戦略的協議開催 – 104.5 WOKV

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close