スポーツ

[거인 호크스에 “8 연패”]一目瞭然セパレーション格差・投手編なぜ選抜完投より救い重視が「勝利への近道」か – プロ野球 – Number Web

2020シーズン日本シリーズはソフトバンクが巨人戦4連勝シリーズ4連覇を達成した。 2013年から8年連続でパ・リーグ球団が日本一になる現象、セパレーションの格差はどこから生まれたのか? 投打記録を選択し、2回に渡って提供する(打者編はこちら)

最後打球がソフトバンク塁、周東佑京横領に装着されると、ドームの天井から驚くべき杭色紙が落ち、その中で、ソフトバンクナインが歓喜の雄たけびを上げた。

それは素晴らしいシーンだったが、しかし、ここまで “した男性」が弱すぎる場合には、日本シリーズの価値と権威さえかすん見えてしまう。

なぜ巨人は2年連続で全くソフトバンクに歯が立たないがそのまま脱落したのか?


直接的には、10月以降、両軍の勢いの差と故郷ない京セラドーム大阪で戦ったことがなど、さまざまな原因が挙げられるが、マクロみると筆者は二つの数字的な観点から、この敗北を見ることができると思います。 2回に渡って議論したい。

沢村賞、実は5年連続で「三投手」が受賞

一つは、「ショー野球」が「平成、令和野球」になったという観点である。

日本シリーズと交流のセ・リーグはずっとパリーグ敗退しているが、両リーグを通じて「最高の投手」に与えられる「沢村賞」は、2015年以降、今年の中日大野ユダイウル含む5回連続で三投手が受賞している( 2019年は、該当者なし)。

「沢村賞」は、先発完投型投手を理想としている。 セ・リーグ投手が連続的に選出されたのは、歳の投手起用が沢村賞の理念である「選抜完投」を重視しているからである。 これに対してパ・リーグはそこまで重視していないので、沢村賞を受賞する投手が出てこないのは、一面があるのだ。

以下、最近5年間の両リーグのセーブホールドすることができ、完投数推移。 カッコ内は試合数に占める完投数の比率である。

2016年
三200SV 530HD 47完投(5.48%)
波219SV 541HD 46完投(5.36%)
2017年
三195SV 620HD 34完投(3.96%)
波221SV 610HD 57完投(6.64%)
2018年
三204SV 585HD 43完投(5.01%)
波213SV 617HD 42完投(4.90%)
2019年
三188SV 697HD 30完投(3.50%)
波225SV 754HD 19完投(2.21%)
2020年
三154SV 518HD 36完投(5.00%)
波175SV 558HD 19完投(2.64%)

[다음 페이지]シック本、捜査星、金子らの2017年

READ  日本、オリンピック選手陽性後の健康管理の強化を約束-NBC Bay Area

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close