スポーツ

1ヶ月ぶりにAマッチ19歳久保建英と「長くプレイしてみると良いだろう “”注目すべき選手」とは誰? – サッカー日本代表 – Number Web

サッカー日本代表は、日本時間11月13日深夜、パナマのような18日未明にメキシコと親善試合を戦う。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で10月2試合に続き、欧州に拠点を置いてメンバーも欧州各国でプレーする選手で固定された。 今回は、9日から、オーストリアでトレーニングをしている。

10月2試合でいくつかの交換があった中で、まだ選択の余地が多いのは2回目だ。 中島翔哉と乾貴士が米招集で堂安法と奥雅也がクラブ事情で参加されてもまた、複数の組み合わせが行われる。

その中でも、久保建英に大きな期待と注目が集まる。 ビジャレアルの「TAKE」は、日本代表駆け足でどんなプレーを見せるのか。 おなじみの中西哲夫氏に聞く。


◆◆◆

途中出場の特有の難しさ

カメルーン、コートジボワールを相手にした10月の活動後、久保はヨーロッパリーグ(EL)の3試合に先発で得点とアシストを記録しています。 一方、リガは現地時間10月25日カディス試合で初めて先発したが、後に途中出場が続いています。 最近ヘタフェ戦は後半41分から出場した。

選手が続く場合は選手の心は揺れることです。 選抜脱臭のために短い時間の中でアピールするという考えが大きくなっており、それが力みと焦燥に接続される。 普段ならないようにミスが生じる。 また、力み、EDGE、イライラなどの感情をいや増す。

途中出場の特有の難しさもあります。

監督から発送されたときの状況は、景気によってまちまちです。 リードしている試合があれば、追いかけ試合もある。 リードしている試合でも、残りの30分の出場と最後の10分は、賦課される作業は異なります。

コンディションの違いにもタッチします。

途中出場選手はフィジカル的に、新鮮なだが、チームのメンバーは、時間をかけて疲弊しています。 一人で激しくプレスにも周りの選手が連動していないことが起こることがあります。 自分の感覚では、正当な連絡先がファウルになることもあります。 相手が疲れて、製品の強度と激しさが強調されて見えることです。

途中出場選手は、しばしば「チームを活性化することが要求される」という表現が使用される。 しかし、いつでもフルパワーでプレイすることが要求されない。 エネルギーの出力調整が必要です。

[다음 페이지]久保にとって最も重要なことは、「ポジションではない」

READ  レイカーズの勝利の理由を探るロケット誇るマイクロボールに成功したフランクフォーゲルの「緻密な計算」 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close