Economy

1,000万円に引かれて、マイナスポイントは「メルペイ」に決めた – Impress Watch

マイナスポイントは、メルペイ登録した

9月1日から始まる「マイナスポイント」決済サービス会社の追加戦闘も一段落したところで、私もいくつかのサービスに加入したり、検討してみた。

マイナスポイント5千円に「プラス」を受ける決済サービスは?

お得感で言えば、2500ポイント分だけ自分還元が「d支払い」である。 マイナスポイント5,000円と合計7,500円ほどのdのポイントとなるのは大きい。

ただし、筆者が普段使用しているのは、KDDIの「au PAY “コードApple Payプリペイドカードと決済インターフェースが多様で、それらの共通の残高で使用することができていることが便利なので愛用しています。au詩文のリアルタイム充電を活用して、デビットカード感覚的に使えるのも普段使いに最適であるという理由の一つだ。

しかしながら、残念ながらau PAYは加算が1,000円で、d支払いと比較するとやや小粒な印象を否定することはできない。 コード決済後発だったため、より心地良いキャッシュバックが来ると期待していたが、肩透かした。 「PayPay」にも対応店舗が多いので、ただ利用頻度が高いが、こちらはなんと加算はありません。 代わりに、抽選で100万ウォンが10人に当たるキャンペーンを実施している。

だから抽選まで視野に入れて検討みたインパクトサイズで断然いたのが、「メルペイ」だった。

比較的安価なメルペイ。 また、1等1,000万円!

メルーペこれ加算抽選段構え。 まず、7月から8月に申請すれば、充電量の約10%のポイントがつく。 最大1,000円まで地下ことで、1万ウォン充電すれば最大に達する。 メルカリは唯一不用品の売却専門筆者はあまり関係ないが、メルカリでの購入で5%ほど、最大1,000円の追加がある。

メルカリと書いてあるので、メルカリ制限に見えてしまって曖昧がメルペイでの決済も25%、5,000円まで還元を受けることができる。 料金1,000円の追加は、8月末まで

その上で、また、9月までの申請を対象とした抽選も実施している。 1等の金額は、驚くべき1,000万円。 当選者は1人だけだが、2位の100万ウォンも10人に対応するため、PayPayより期待値が高いようだ。

1,000万円100万円もあくまでポイントで付与されるが、iDとコード決済の両方で使用メルペイなら1,000万円程度であれば、使用期限自信がある。 射幸心を煽りまくった筆者は、メルペイ登録することを決めた。 当たったら何を買おうかと思うことが楽しくてしょうがない(笑)。

抽選の1等が1000万円で超オオバンかぶるないた

1,000万円当選確率を考えてみると

どうせ合わないこと……と思われるかもしれないが、計算してみると確率はそこまで低くはない。 まずマイナスポイントに必要なマイキーIDを取得している人の母数が少ない。 8月25日、総務大臣会見では、その数が400万を発表された。 メルペイ登録期間9月30日までの10倍に増加する。 現在は2週間100万の速度で増加しているが、加速してもせいぜい1000万前後である。

さらに、これはあくまでも樹。 マイナスポイント事業に加入している事業者の数が非常に多いため、単純に割ると、1サービスあたり20万ものユーザーがいないだろう。 ともすれば1万に届かないサービスもあるだろう。 幸いなことに(?)にも、いわゆるコード決済でメルーペ続く後発ユーザー数はこれまで多くない。 ユーザー数は600万人で、1000万を超えた他のサービスに比べてやや少ないです。

各社とも、正確な数を公開していないので、申請した人の数は推測するしかないが、8月14日MMD研究所が発表したマイナスポイントの調査結果を見ると、メルペイ登録されたユーザー全体の5.1%に過ぎない。 ユーザー数を考慮すれば、宣伝している方もありますが少ないのは確かである。

現在マイキーID登録者数は、この比率を適用すると、数は20万4,000人。 9月までに倍増したとしても、40万人に1/40だけなら、なぜか合っ願望もあるようだ。 1等で1000万以下、1,000万円の2等でも1/500万以下ジャンボ宝くじと比較すると、当選確率は10倍以上高い。

MMD研究所が発表したデータによると、メルペイ登録されたユーザーはわずか5.1%

1/40いけば、まだあたりは難しいだろうが、2等の1/4だけならどうだろうか。 なんか希望が出てくる数字だ。 射幸心を煽りともギャンブルとは異なり、下では必要ありません。

このビッグウェーブに乗るしかない。

だから、筆者はマイナスポイントは、メルーペこれ申請した。 手順は非常に簡単だった。 メルカリア根からマイナスポイントアプリケーションを起動し、4桁のパスワードを入力した後、私の番号のカードをスマートフォンでタッチするだけ。 撮影しながらでなければ1〜2分で仕上げ作業に障害物は非常に低かった。

メルペイああ根のマイナスポイントアプリケーションを起動し、4桁のパスワードを入力した後、私の番号のカードをタッチします。 以下の手順に従って、ボタンをタップするだけで登録は簡単だった

マイナスポイントはWAONとdの支払いとPayPayを登録

懸念されるのは、このような記事が思わずバズってしまうこと。 マイナスポイントにメルペイ登録する人が多くなると、上記の計算が台無しになることもある。 場合は掲載は10月以降にほしかった。

それさえも抵抗に誠実な読者の皆さんは、登録者数が断然多いPayPayと加算額が多くd支払いを強くお勧めしたい。 還元額の大きさは、WAON安価である。 メルペイのは必ず覚えておきたい。

READ  「半沢直樹」の「倍返し」犯罪スレスレだった? ドラマで話題のシーンを現役銀行が解説 - エキサイトニュース

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close