技術

2021年グローバルベンチャーキャピタル投資日本最高記録達成



2020年4月25日、毎日新聞ヘリコプターで撮影したこの写真は、東京スカイツリー(左)と富士山を背景にしています。 (毎日)

TOKYO(Kyodo) — グローバルベンチャーキャピタル投資が今年から2020年までに倍増し、史上最高の5,800億ドル以上を記録する予定です。 米国の調査会社のデータによると、主要な経済。

CB Insightsのデータによると、ベンチャー企業は2021年の最初の9ヶ月間、世界中で合計4,377億ドルを調達し、第5四半期の連続成長を記録しました。

第4四半期まで同じ速度でスタートアップへの投資を進めれば、年間数値は5,836億ドルで、昨年2,842億ドルをはるかに上回ります。 投資家はデジタル化に細心の注意を払っており、コロナウイルス感染症の中で通貨緩和を活用しようとしています。

CB Insightsが10月に発表したデータによると、最初の第3四半期に、医療、金融技術、小売部門はそれぞれ971億ドル、947億ドル、825億ドルを調達しました。

国別には、米国のベンチャー企業の資金調達が2,104億ドルで、9ヶ月間、世界総額のほぼ半分を占め、データ管理会社であるDatabricks Inc.、食料品配送会社であるGopuff、金融技術会社Chime Financial Inc.

アジアでは、同じ期間に中国のスタートアップが255億ドル、インドに99億ドルを投資し、1,255億ドルが造成されました。

日本のリサーチ会社によると、日本のベンチャー企業は前年比約60%増加した5,800億円(51億ドル)を募金し、2019年に記録された以前の年間最高値を更新しました。

その中で、日本北東部の山形県鶴岡に位置するバイオテクノロジーベンチャーSpiber Inc.は、米国投資ファンドCarlyle Groupや他の投資家から344億円を調達したと、Carlyleプレスリリースによると9月に発表しました。

日本ベンチャーキャピタル協会によれば、中国政府は、経済的影響力を抑えるために、アリババグループホールディング株式会社などの国内IT大物に対する統制を強化しており、以前中国に向かっていた一部のグローバル投資は日本のみできると言われています。

READ  市場が不均等な傾向を続けながら、水曜日早い取引で、米国株式が下落しました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close