経済

2021年世界ベンチャーキャピタル投資史上最高

データによると、グローバルベンチャーキャピタル投資は、主要経済局の通貨緩和に拍車をかけた医療、金融、小売部門のオンラインサービスに対する投資家の関心に支えられ、2020年から今年2倍に増加し、史上最高の5,800億ドルを超えたと予想されます。 米国リサーチ会社から。

CB Insightsのデータによると、ベンチャー企業は2021年の最初の9ヶ月間、世界中で合計4,377億ドルを調達し、第5四半期の連続成長を記録しました。

第4四半期まで同じ速度でスタートアップに投資すると、年間数値は5,836億ドルで、昨年2,842億ドルをはるかに上回ります。 投資家はデジタル化に細心の注意を払っており、コロナウイルス感染症の中で通貨緩和を活用しようとしています。

CB Insightsが10月に発表したデータによると、最初の第3四半期に、医療、金融技術、小売部門はそれぞれ971億ドル、947億ドル、825億ドルを調達しました。

国別には、米国のベンチャー企業の資金調達が2,104億ドルで、9ヶ月間、世界総額のほぼ半分を占め、データ管理会社であるDatabricks Inc.、食料品配送会社であるGopuff、金融技術会社Chime Financial Inc.

アジアでは、同じ期間に中国のスタートアップが255億ドル、インドに99億ドルを投資し、1,255億ドルが造成されました。

日本のリサーチ会社によると、日本のベンチャー企業は前年比約60%増の5,800億円(51億ドル)を調達し、2019年に記録された以前の年間最高値を更新しました。

その中で、山形県鶴岡に本社を置くバイオテクノロジーベンチャーであるSpiber Inc.は、米国投資ファンドのCarlyle Groupやその他投資家から344億円を調達したと、Carlyleプレスリリースによると9月に発表しました。

日本ベンチャーキャピタル協会によれば、中国政府は、経済的影響力を抑えるために、アリババグループホールディング(Alibaba Group Holding Ltd.)などの国内情報技術大企業に対する統制を強化しており、かつて中国に向かっていた一部グローバル投資が日本に転用できると述べた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  ホンダ、新CEOに、日本のR&Dシニアミベ俊弘任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close