経済

2022年1月に発効する世界最大の貿易協定RCEP

Nguyen Xuan Phuc ベトナム首相が2020年11月15日オンラインで開かれた第4次地域包括的経済同伴者協定(RCEP)首脳会議で相手国に演説する画面(右)で写真が撮られている。

Nhac Nguyen | AFP | ゲッティイメージ

中国を含め、米国を除く世界最大の貿易協定が来年1月に発効する予定だ。

オーストラリアとニュージーランドが協定を批准したと発表して出たのだ。

地域包括的経済同伴者協定(RCEP)は昨年アジア太平洋15カ国が署名した。 この国は、東南アジア諸国連合の10の加盟国と最大の貿易パートナーである中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国です。

オーストラリアは火曜日の声明でニュージーランドと批准することで、協定が2022年1月1日に発効できる基盤を設けたと明らかにした。 RCEPが「マイルストーン」に達することを許可しました。

ニュージーランド批准の確認 水曜日に別の声明から。

RCEPは、少なくとも6つのASEAN加盟国と3つの非ASEAN署名国が協定を批准してから60日後に発効します。

これまで協定を批准したASEAN諸国はブルネイ、カンボジア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナムなどだ。 オーストラリア外交通商部ウェブサイト。 オーストラリアとニュージーランドに加えて、RCEPを批准したASEAN以外の国は中国と日本です。

RCEPは、22億人の人口と26兆2千億ドルの世界的な生産量を対象としています。 このパートナーシップは、世界経済と世界の人口の約30%をカバーする貿易グループを作成します。

また、USMCA(米国 – メキシコ – カナダ協定)や欧州連合などの他の地域貿易ブロックよりも大きいです。

アナリストは、RCEPの経済的利点は大きくなく、実現するまでに数年かかると述べた。

しかし、この取引はアジア太平洋地域で米国の経済的影響力が弱まった時期に中国の地政学的勝利と広く考えられた。

READ  アップデート1-日本の8月の機械受注の減少、期待値未達

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close