トップニュース

2023年日本ドライバー確定を望むラトバラ – DirtFish

トヨタのチームリーダーJari-Matti Latvalaは、チームの2023年の世界ラリー選手権ドライバーのラインナップが11月上旬に日本ラリーで決定されることを願っていますが、最終的な決定は彼に依存しません。

トヨタは2022年にこの分野のクラスに選ばれ、2年連続でドライバタイトル(Kalle Rovanperäを含む)とメーカータイトルの両方を獲得しました。

世界チャンピオンのRovanperäとElfyn Evansは、今年このブランドのためにフルタイムで運転し、Sébastien OgierとEsapekka Lappiは、トヨタの次世代問題のために4番目のGR Yaris Rally1で競合するTakamoto Katsutaと3番目の車を共有しました。

Rovanperäは2023年に固定され、Evansもどこにも行かないことが知られており、Ogierは最近DirtFishに今年と同様のプログラムを検討しており、トヨタのパートタイムドライバーで競争していると述べた。 ラッピもトヨタと続くことを願っています。

READ  日本のChugai、COVID-19抗体の薬物使用の拡大

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close