3月の日本レストランの売上高11.2%増加

Estimated read time 1 min read

経済


東京、4月25日(Jiji Press) – 円安と北陸新幹線延長による外国人観光客など観光需要好調を反映し、3月の日本レストランの売上が前年同期比11.2%増加した。 ライン、業界データは木曜日に登場しました。

日本外食協会によると、3月の数値はコロナ19拡散前の2019年同月に比べて13.5%も増加した。

レストランの売上も5年ぶりにファンデミック関連の制限なしに開かれた歓迎会及び送別会の需要により増加した。

ファーストフード店の売上は10.7%増加した。 ディナーレストランの売上高は、外国人観光客の需要増加と顧客一人当たりの支出増加により11.6%増加しました。

ファミリーレストランは土・日曜日の割合が前年同期比13.0%増加した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  NE、地域間のつながりは日本のASEANとのパートナーシップを強化します。 最新ニュースインド
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours