スポーツ

6,000マイル:日本でアイオワまで走るランニング旅行

セントラルカレッジクロスカントリーは、アイオワ州の国境を越える採用で恩恵を受けています。

PELLA、Iowa – 時には大学のプログラムが自分の家の裏庭で募集することができます。 しかし時々、彼らははるかに遠く必要があります。

「私たちは、ボストンやモンタナ出身の人がいます。

ボストンはセントラルクロスカントリー監督Joe Dunhamが現在のチームの主張であるLotzを発見したところに似ていました。

「すべてのトウモロコシと大豆、豚と一緒に、ここに住んでいるのは…新しいことです。」LotzはPellaに住んでいる言いました。

海軍の父と日本人の母の間に生まれたLotzは子供の頃、ほとんどの日本で過ごしました。

LotzはLocal 5に「トウモロコシのみ見ることができる場所でランニングをすることが本当にありがとうございます。一つの方向に永遠に走り、何も邪魔されない場合があります。」と言いました。

それから彼はどのように日本でペラへの道を見つけましたか?

家族の中で、多くの人々がここアイオワに住んでいる彼の父の方を見るために旅を開始しました。

Lotzは「大学訪問だけなければと思ってCentralに偶然入った」と述べた。

Dunhamコーチは「それは確かに私の一歩のようでした。彼はまた、別の訪問のために来ていないだろうチームと一晩を送らないでしょう。」と言いました。 「だから、彼に良い印象を与えることができる唯一の機会でした。」

両者の間に何かがカチッと音を出してLotzは学生に戻った。 今Lotzはチーム・メンバーの尊敬を得た3年間のメール勝者です。

「彼は人々が惹かれるタイプの男です。彼の性格は、彼は非常に真の人です。」ダナムた。 「私たちは、常にそのようなリーダーシップを持つ人々を探しており、Jerryのような人を得れば、来年に満たさなければならない大きな空白を持つようになるでしょう。」

6,000マイル離れたところでLotzはアイオワ主走って行って、自分の痕跡を残しました。

関連:Lauridsen SkateparkはDew Tourと他の主要なスケートボードサーキットで注目を集めています。

関連:未来のHawkeyeは3番目の個人レスリングタイトルを見つけるために逆境の最初の味を取得します。

READ  Wayne Rooneyは正規職にDerbyを管理するためにキャリアを終了します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close