理科

63光年の太陽系外惑星「がか座ベータ星c “直接観測に成功| sorae宇宙のポータルサイト

ケンブリッジ大学のMathias Nowak氏卵の研究グループは、2019年に発見が報告された太陽系外惑星「がか座ベータ星c “直接観測に成功したという研究成果を発表した。

「がか座ベータ星c」は、南の「画家桁」(イーゼル桁)を構成する約63光年の「がか座ベータ星」周りを回って計外惑星で質量は木星の約8.2倍となっています。 公転軌道の長半径は約2.7天文単位(※)で少しつぶれ楕円軌道(軌道離心率は0.24)を描いたものとみられています。

※… 1天文単位=約1億5000万km。太陽から地球までの平均距離に由来

直接観測された2つのシステム外惑星(がか座ベータbとc)汚れ円盤(dust disk)とがか座ベータ星の位置(βPictoris)を示した図面である。 GRAVITYの観測データを基に作成されたもの(Credit:Axel Quetz / MPIA Graphics Department)

ESO(ヨーロッパ南天天文台)の「VLT(Very Large Telescope)」にインストールされている観測機器」GRAVITY」による観測データをもとに生成された画像を見ると、2008年にVLTによる直接観察することによって、既に発見された「がか座ベータ星b “(質量は木星の6〜15倍、長い半径は約9.0天文単位)と一緒にほこりされた円盤の内側に「がか座ベータ星c」が把握されていることがわかります。

GRAVITYはVLT構成口径8.2mの望遠鏡4つを組み合わせて口径130m望遠鏡に比べて空間分解能を実現した観測装置です。研究グループによると、「がか座ベータ星b」と「がか座ベータ星c」は、すべて同じ程度の質量を持つ可能性がありますが、明るさは「がか座ベータ星b」ほうが6倍明るいが今回の観測で発見したします。

「がか座ベータ星c」は、惑星の公転に基づいて、主に星が少しふらつく姿を主に星の色(波長)の変化を分析することにより、特定「視線速度方法」(英語:radial velocity method、ドップラーすべて)を利用して、間接的に検出されたシステム外惑星です。 視線速度法は、システム外惑星の質量を知ることができますが、直接観測が可能な場合は、システム外惑星の明るさも調べることができます。

研究グループは、今回の観測成功「がか座ベータ星c」は、視線速度法による検出と直接観測の両方で確認された最初の系外惑星になったとします。

関連:「がか座ベータ星」に第二の太陽系外惑星を発見した。わずか63光年

画像クレジット:Axel Quetz / MPIAグラフィック部門
出典: MPE
文/松村武宏

READ  南極爆弾:NASAが「氷の上に浮かぶ何か」を撮って間違っている| 科学| ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close