技術

Appleに人が「iPhone 12」の5G対応やMagSafe、Ceramic Shieldなどの新機能について話 – GIGAZINE



リッチドムロ氏がMCを務めている技術の最新情報を伝えるポッドキャスト版」リッチきた技術“にApple iPhoneの製品担当マーケティング部門バイスプレジデントであるKaiann Drance氏が出演して発売されたばかりのiPhoneの12iPhoneの12プロさらには、MagSafeアクセサリーなどについて話しています。

Apple VP Kaiann Dranceインタビュー、バッテリ寿命、MagSafeと電源アダプタのトラブルシューティング-MacRumors
https://www.macrumors.com/2020/10/23/kaiann-drance-interview-addresses-concerns/

iPhoneマーケティング役員が新しいインタビューでiPhone 12に5G、MagSafeなどをご紹介します-9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/10/24/iphone-marketing-exec-talks-iphone-12-with-5g-magsafe-and-more-in-new-interview/

DeMuroさんがパーソナリティーを務めるポッドキャスト版Rich On Techに出演したのは、AppleのiPhoneの製品担当マーケティング部門バイスプレジデントであるKaiann Drance氏。 彼はAppleの新製品発表会でiPhoneのプレゼンテーションを行った人物です。


Drance氏はiPhone 12が5Gに対応したことについて「iPhone 12のバッテリ寿命をさらに延長するために、システム全体で多数のソフトウェアの最適化を行いました。また、「スマートデータモード」と呼ばれる新しい機能を追加したもので、5G使用量とバッテリ寿命を効率的に管理することができ、本当に重要な時期に5G速度を体感することができるようになっています。そして、私たちは非常に重要であると考えているのは、キャリアパートナーとした作業です.Appleキャリアパートナーとのネットワークの設定と展開計画に協力しており、iPhoneと一緒に設定を最適化してバッテリ寿命を最適化しています」と語り、5G速度とバッテリ寿命を両立するためにとった措置について説明しています。

Drance氏がiPhoneの5G対応の鍵となった機能として挙げ、「スマートデータモード」は、5G速度を必要としない場面では、自動的にLTE(4G)ネットワークを使用すると、バッテリーの電力を節約できる機能です。


iPhone 12とiPhone 12 Proで採用されたAppleが独自に開発したディスプレイガラス「Ceramic Shield」について、DeMuro氏は「まだiPhoneは画面保護シールを貼付するのですか? “と尋ねていますが、Drance氏は明確な答えをしていません。代わりにDrance氏はiPhone(12)が採用した新しいフラットエッジデザインが落下防止を助け、iPhoneをより強固なものとしていると説明しています。また、Appleによると、 Ceramic Shieldによって落下性能は4倍に向上できるということです。

iPhone 12シリーズは、裏面ガラスにCeramic Shieldを採用していないが、この背面ガラスについてDrance氏は「偶発的な秋に2倍の性能向上を実現したスマートフォン用ガラスとして使用できる最も耐久性のようなガラス」と説明ししています。


DeMuro氏はiPhoneを充電/同期するためのLightningケーブルが2020年に発売されたiPhone 12シリーズでUSB-Aをサポートしているのではなく、USB-C対応のものに変更されたことに疑問を提起しています。 これに対してDrance氏は、「まず、iPhone、12モデルで古いLightningケーブルと既存の電源アダプタを使用し続けることができます。実際には、昔のアクセサリーをそのまま使用することをお勧めします、新しいことが必要な人のために、パッケージにUSB-C準拠のLightningケーブルを一緒にしました.USB-Cは、より近代的な技術であり、迅速なという点で、USB-Aとは異なります」とコメント。

また、「他のスマートフォン製品または他の家電製品用のUSB-C準拠の電源アダプタを持っているかもしれません。ここ数年の間に、電源アダプタをたくさんUSB-C準拠のものに移行しています。あなたがAppleユーザーであり、MacやiPadを持っている場合、既にUSB-C準拠の電源アダプタまたはUSB-Cポートを持つコンピュータを所持しているかもしれません」と、USB-C対応の電源アダプタが世の中にあふれていると述べた。


また、iPhone 12シリーズに登場した「MagSafe」にもDrance氏は述べています。 MagSafeはiPhoneの無線充電コイルに磁石を入れることで、専用の充電器を常に端末の正確な位置に固定して、革ケースなどのアクセサリーを装着できるようになるということです。


DeMuro氏はiPhone 12無線充電機構にマグネットが内蔵されたもので、クレジットカードの磁気などの影響があるか質問します。 これに対してDrance氏は、クレジットカードへの影響については、「問題ない」と断言していますが、ホテルの部屋のカードなどの使い捨てタイプのカードについて注意する必要があると述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  携帯電話サービス「IIJmio」で音声通話付帯費用6ヶ月0円と通話定額10分の申請月料金税別830円7ヶ月間割引になるキャンペーンが11月末までに実施 - S-MAX

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close