経済

au新サービス発表会」au 5Gは、ユーザーとコンテンツに選ばれるように努力したい」 – 携帯電話Watch

KDDI代表取締役執行役員副社長庄司孝氏

auは、新しい料金と新しいサービス発表会を開催。 AmazonとDAZNと連携したサービスと料金とAmazon Echoなどに特化した安価な無線LANルータなどを発表した。

発表会には、KDDIの代表取締役執行役員副社長庄司孝氏が登壇。 5G通信およびその5G対応のスマートフォンは、「圧倒的なスペックを持っている」と5G通信の高速大容量通信と端末もハイスペックであることを強調した。

au 5G領域の拡張は、12月から既存の周波数を利用し

5G通信についてKDDIは10月に総務省の「既存の周波数の5G専用」の認可を取得し、12月から、従来の周波数の切り替えによる領域拡張を始める。

庄司氏は、「基本は5G用の新規周波数」に展開する前提し、iPhoneやGalaxyなど対応機器ですぐに専用の周波数で5G通信を利用できるとしている。

また、専用の周波数に対して庄司氏は、「施設を5Gに更新しているので、5G特有の高速通信を提供することができる」と述べた。

Amazonとの連携

Amazon Primeに付帯する新しい料金プラン

auは、データ無制限の使用、およびコンテンツのセットプランが充実し、auの調査によると、データの無制限使用プランを契約する20代のユーザーの61%が、月のデータトラフィックが61%を超えており、平均で約36GB使用している。 また、プランの他の利用者の満足度調査では、無制限の使用してサービスのセットプランの満足度が高い。

コンテンツをフルHDなど、ますます豊かになっていく中で、今のサービス(コンテンツプロバイダ)が、ネットワークを選択時代と庄司さんは主張した。

その中でも今回のauはAmazonと提携しAmazon Primeがセットになった、新しい料金プランを発表した。

新しい料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」は、データ容量無制限、AmazonプライムのTELASA(見放題プラン)が有効である。従来の「データMAX 5G」に毎月300円を追加するだけで、Amazon PrimeのTELASAがついてオンダグァ有益ことを強調した。

アマゾンジャパンプライムマーケティング事業統括本部長鈴木光司氏は、ビデオメッセージでコメントを寄せた

アマゾンジャパンのプライムマーケティング事業統括本部長鈴木光司氏は、「(Amazon Primeのサービスを)利用できるユーザーが増えることを喜んでいる」とコメントした。

また、従来のNetflix計画など、追加費用なしAmazon Primeがセットになったプランもご用意して庄司氏は、「最強計画」と自信を見せた。

22歳以下のための追加の学生割引施策

また、auワイド学生割引で、今まで29歳以下まで適用することができる割引して安価でAmazon Primeセットプランが有効である。

この他にも「経済的基盤が、今後という22歳以下のユーザーのための追加の割引を11日から実施。 Amazon Primeの付いたデータMAX計画をさらに安価に提供する。

Amazonとの新たな取り組み「Amazon Echoシリーズ “

auとAmazonとの提携は、新しい料金パックだけでなく、「Amazon Echoシリーズ」の取り組みも実施する。

「Amazon Echo Dot(第3世代)」「Amazon Echo Show 5」を12月11日からau Online Shopで扱う。 庄司さんは、「(ユーザー)かなり安価に利用することができる」と自信を見せた。

また、Amazon Primeがセットになった新しい計画契約者がauからAmazon Echoシリーズを購入すると、毎月の通信料金を2年間190円/月割引「スマートスピーカートク割引」を提供する。

Amazon Echo用無線LANルータ「無線LAN STICK “

一方、Amazon EchoシリーズなどのAIスピーカーの距離の声で、AIスピーカーを使用していないユーザーのうち30%は、使用しようとする医師はあるが、「設定がよく分からない」、「固定回線をするお金がかかる」という意見があったという。

auはAIスピーカーの導入の障壁を下げることができるように、Amazon Echoシリーズは、簡単に接続できる無線LANルータを提供する。

「無線LAN STICK」はAmazon Echoシリーズとau HOME装置に限定した無線LANルータ。 庄司氏によると、ルータの価格は6000円程度とのこと。 また、通信とセットで、毎月の通信料金+250円で利用することができる。

主な質疑

発表会後の質疑は庄司さんのほか、執行役員個人事業本部パーソナル企画担当ジェネラル・マネージャ松田浩路さんと個人事業本部パーソナル企画総括本部次世代事業企画部長長谷川伝達氏が登壇した。

代表取締役執行役員副社長庄司孝氏

5Gの現在の加入者数と年末200万台の目標を達成することができるだろうか?

ショージさん
具体的な数字の公表は控えますが、通常は目標の半分程度である。

世界の大半のスマートフォンユーザーは月に使用データ量は20GB以下だと思いますが、このようなユーザーのための施策はあるのか。

ショージさん
KDDIは、マルチブランド戦略をとっており、auは、デジタルネイティブ層のためのラインナップ。 中容量計画は、UQ mobileで準備して(データ容量無制限)データMAX計画も使用量が2GB来月値下げを実施している。

今後KDDIのマルチブランドを介してサービスを展開していく。

Amazon Primeはドコモも実施していたが、違いがあるか

ショージさん
auは5G端末業界1回多く投入している。 データ無制限の使用とサービスがセットになったプランもauだけであり、ユーザーの評価も高いセットプランにAmazon Primeを設定したということは、今までになかったのだ。 これらの結果を評価されるではないかと思う。

また、米国では、動画サービスを2種類以上契約したユーザーが60%以上に達し、日本もされている。 スマートフォンや動画の転送をセットで契約することができるのもauならでは。

執行役員個人事業本部パーソナル企画担当ジェネラル・マネージャ松田浩路さん

松田さん
パートナー企業でもムジェハンワセットでユーザーの満足度が高いとアピールすることができ、ユーザーの満足度も高いならずっと率高いので、外のパートナーとも連携しやすくなると考えている。

NTTドコモのahamoのバトアドゥルイゴグァ対策について

ショージさん
ahamoサービス設計が把握されていないコメントすることができませんが、ドコモの新しい料金や(ソフトバンクなど)会社の動向を見て、その状況を検討していきたい。 しかし、auとUQなどのマルチブランド戦略に「必ず」ユーザーが満足できるプランを出していきたい。

データMAX各プランのユーザーの割合は。

ショージさん
具体的な数字は申し上げられませんが、最も人気はNetflixとセットプラン。

海外では、動画サービスとのセットで、ユーザーがサービスを自由に選択一品式主流ですが、auはセットプランだけ展開。 なぜ?

個人事業本部パーソナル企画総括本部次世代事業企画部長長谷川伝達さん

長谷川さん
日本は動画サービス契約の割合が欧米に比べて高くない。 auが、自分がサービスを適切に説明してセットにして動画配信サービスの普及を目指す。

利用者が増えた段階でユーザーが一品式の声があれば対応していく。

ショージさん
一品式と計画が複雑になってしまうため、より単純にしたかった。

武田総務省の「サブブランドで乗り換えるときの手続きが必要だ」との意見があるが、手順の見直し等検討しているのはあるか。

ショージさん
切り替え手数料に関する武田総務大臣の発言は、真剣に受け入れる。

切り替え手数料の減額については、肯定的に検討する予定である。 詳細については、再リリースしたい。

READ  「Go To旅」「Go To伊藤「どんな制度? | 新型コロナ経済への影響

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close