BOJ:小売、サービス産業における企業信頼度の低下

1 min read

日本銀行の調査によると、大型非製造業者の事業信頼度が2020年6月以来初めて下落しました。 これは円安の原材料価格上昇と労働費の急上昇を反映したものです。

7月1日に発表された6月四半期別の「ダンカン」企業信頼度調査によると、当該企業の拡散指数は1ポイント下落して+33を記録しました。

この指数は、試合状況が良いと回答した割合から景気状況が悪いと回答した割合を引いたものです。

肯定的な数値は、楽観論者が悲観論者よりも多いことを意味します。

ファンデミック以来、消費と外国旅行客の需要が回復し、小売業者、ホテル、レストランなど大型非製造業者の試合心理が良くなりました。

拡散指数は依然としてかなり高い水準を維持しており、1980年代後半の資産が膨らんだ経済活況の後の1991年末の水準に似ています。

しかし、16四半期ぶりに初めて下落傾向を見せたのは、円の急激な価値下落による価格上昇が、現在、その企業に大きな負担として作用していることを示唆する。

産業部門別にみると小売業者が最大の下落傾向を見せ、3月以前の調査に比べて12ポイント下落して19ポイントを記録しました。

日本銀行の関係者は、消費者が予算をより重要にし、価格の上昇により物件の購入が少なくなったと述べた。

労働費の上昇の影響をさらに受けた宿泊および食品サービス部門指数は、3ポイント下落して49を記録しました。

大型メーカーの拡散指数が2ポイント上昇して13を記録し、第2四半期ぶりに初めて増加傾向を見せました。

BOJ関係者は、パルプや製紙メーカーなどの材料供給業者が製品価格を引き上げることに成功し、円安は一部の輸出業者に役立つ可能性があると明らかにした。

自動車部門は6月にトヨタ自動車と他の4社が関連するテストスキャンダルと原材料価格の上昇により1ポイント下落して12を記録しました。

5月29日から6月28日まで、合計9,076社が調査に回答しました。

7月末に次の金融政策会議を開く予定の日本銀行(BOJ)は、賃金の上昇とともにインフレが2%に達する可能性がある場合は、金利を引き上げることを検討すると発表した。

6月のダンカン調査によると、企業は3年前に2.3%、5年前に2.2%のインフレ率を予想しており、これは以前の調査時の予測よりやや高い水準です。

また、企業が設備や設備への投資に依然として強調していることを示した。

NLI研究所の上級経済学者の上野剛は、最近のダンカン調査を全体的に見ると、中央銀行の金利引き上げ計画に力を与えると述べた。

「しかし、非製造業者の弱い見通しなど懸念する理由もあります」 上野が言った。

READ  MDA、日本事業開発ミッション主導
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours