トップニュース

CO2 1位排出国である日本、新再生可能エネルギーへの道

TOKYO:2011年に原子力災害の影響を受けた福島地域は、再生可能エネルギーに多大な投資をしました。 このセクターは日本が受け入れるのに遅れていますが、今はカーボンニュートラルに達する鍵を考えています。

以下は、地球温暖化CO2を最も排出する国の1つである日本の再生可能エネルギーについて知っておくべきことです。

カーボンニュートラル目標

日本は2050年まで炭素中立国になることを目指しており、これは欧州連合のような目標であり、2060年までに純排出ゼロに到達するという中国の目標より先にあります。

しかし、韓国は行く道が遠い。 欧州連合執行委員会のデータによると、日本はEUを1つのブロックとして計算する場合、世界で6番目に炭素排出量が多いという。

成功を助けるために、政府は以前の目標が運動家や主要企業によって野心的な目標ではないという批判を受けた後、中期の再生可能目標を引き上げました。

日本は現在、2030年までに電力の36〜38%を太陽熱や風力などの再生可能資源から供給することを望んでおり、これは以前の目標である22〜24%から増加した数値です。

2020年、再生可能エネルギーは日本の電力生産の約20%を占め、これは前年比2%ポイント増加した。

化石燃料の輸入

2011年3月、津波で福島第1原子力発電所がメルトダウンされた後、日本は安全制御を検討し強化するためにすべての原子炉を停止しました。

これにより、日本は化石燃料の輸入に大きく依存するようになりました。 特に日本全体の電力生産量のほぼ40%を占める天然ガスと約30%を占める石炭に依存するようになりました。

2020年現在、太陽光発電は日本で最も一般的な再生可能エネルギーの一種で、2011年災害後に新しい太陽光畑が建設され、水力発電を追い越しました。

風力とバイオマスによる電力生産も増加しており、日本は再生エネルギーを通じて生み出されるクリーン燃料であるグリーン水素の研究に投資しています。

核論争

原子力を通じて生産された日本エネルギーの割合は、2011年の災害以前の四半期に比べて4%未満と非常に低い水準を維持しています。

国の原子力発電所の一部は恒久的に閉鎖され、他の原子力発電所は地方政府と住民および運動家グループとの間で法的紛争が起こり、再びオンライン状態に戻るのに遅れた。

それにもかかわらず、政府は輸入エネルギー依存度を減らすために原発復活を望んでいる。

今後の困難

日本政府は、2030年までに原子力が電力生産の20~22%を占めることを望んでいますが、専門家たちはこれが難しいと言います。

国際エネルギー機関は、昨年の報告書では、「原子力などの特定の低炭素技術が期待ほど急速に拡大しない可能性に備えて、さまざまな脱炭素化シナリオを開発する必要がある」と述べた。

もう一つの議論となる主題は、石炭発電所のような海外化石燃料プロジェクトに対する日本の資金調達だ。

東京は外国発電所への投資に対する規制を強化することを約束したが、いくつかの大規模な石炭プロジェクトに対してすでに進行中の計画を推進する。

READ  2021年に日本に大きな年になる理由

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close